Dragon Island

日々是修行。

モッタイナイセンサー

こんにちは。
とても興味をそそられる展覧会の情報を立て続けに見てしまって東京(関東)羨ましいんじゃチクショォォォ!とか、GYAOで配信されているDBZがセル編のちょうど好きなところでイェイイェイイェイ!とか、この真夏に風邪引いたよウォォオオン!とか、トピック盛り沢山なKei Alexです。

市販の風邪薬を飲んでも効かないんで、病院かなあと思ったけど、ふと箱を見たら大人と子供の用量を間違えていたことに気づきました。
今日はちゃんと大人の用量で飲んだので、効いています。
こんなはっきり表れるもんなんですね。
逆に言うと、こんなにはっきり効き目が変わるから、飲みすぎたら危ないってことですね。

そんなことより、今朝、タンス代わりに使っている衣装ケースの表面がなんかべたついていたんで(前回そういう手で触ったんだろうw)、ウェットティッシュでササッと拭いたら、ティッシュが真っ黒になってギャー!でした(笑)。
水平な面は気にしますが、垂直な面はあんまり気にしてこなかった……今度から気を付けよう(笑)。
急遽全部拭いて、早起きした分が帳消しになりましたw

……ええと、本題何だっけw

モッタイナイセンサーの誤作動

エリキサーとか不思議な木の実とか逆鱗とか、使えないタイプです(笑)。
画材も同じく、もったいなくて使えない(笑)。

使おうと思って買ったのに、もったいなくて使えない。
使おうが使うまいが劣化して、最終的には使用不可能になる。
一度も使わずに使用不可能で捨てるなんて、無駄の極み。

失敗が怖い気持ちもあって、タッグ組んでるんで厄介です。
失敗をブルジュ・ハリファよりも高く積み上げないと成功に手が届かないのに。
失敗が無いってことは、足がかりが無いってことで、いくら地上でジャンプしたって、成功に届くはずがない。

なんだけどさ。

昨夜、水彩で試したいことがあって、やろうと思って水彩紙を引っ張り出したんだけど、なんだかもったいなく思えてきて、何もせずに戻してしまいました

今日こそやるぞー!

ボツ供養:成長曲線の図

f:id:kei-alex:20170727174910p:plain
せっかく記事にするから今後また迷ったら読み返そうと思って、成長曲線の話を絡めて書こうと思ったけど、上の文章だけで大丈夫そうだったからボツにしました。

成長というと、青い破線を想像するけど、実際は赤い線。
ある時点(ブレイクポイント)まで、地面すれすれの低空飛行を続けて、あるところでグワッと上昇する。
努力が報われたと実感するのは、このブレイクポイントを越えたあと。

7月を振り返る

f:id:kei-alex:20160611110307j:plain

こんにちは。
けもフレ2期が決まったそうで飛び跳ねて喜んでいるKei Alexです。
1期、面白かったもんなぁ。

さてさて気が早いけど今月を振り返りますよ。
なぜなら、月末にDQ11が出るから! ブログ書いてる場合じゃなくなるから!!
でも、予約してないから買えないかもしれないw

「何かないかなー」の続き

dragonisland.hatenablog.com

なぁんかモヤモヤしたものを抱え込んでいて、何をしてもモヤモヤモヤモヤしてスッキリしませんでした。(語彙力w)
それで過去記事を振り返ったり色んなことをしていて、あーそっかと思い出しました。

dragonisland.hatenablog.com

この記事に書いた歯車について、目立たないけど大事な1つが外れて、せっかく伝わり始めていた動力が途切れてしまったようでした。
歯車っていうのは、一つ一つの技術や、知識や、考えなどのことです。
バラバラではどうすることもできないけど、大きさも形も違う沢山の歯車を組み合わせて、歯と歯がきちんと噛み合うと、次々力が伝達されて、巨大な仕掛けを動かすことが出来ます。
つまり、技術やら知識やらがちゃんと作用すれば、僕が望んだ絵にできる、ということです。(未来の話)

ところが、僕はその中の大事な1つを、知らぬ間に落としていたようです。
たぶん、プレッシャーで気持ちが潰れたときに、転がり落ちたのだと思いますが、僕はそれに全く気付きませんでした。

2月の時点で、次のステップに辿りついたことを実感したばかりで、その直後に潰れてしまったので、せっかく実感したことを忘れてしまったのでした。
忘れたことさえ忘れたみたいになって、だから正体のわからないモヤモヤとなって現れていたようです。

ごっそり忘れた

気づいたときには、大袈裟でなく、ぞっとしました。

僕がそれまで何を考えて絵を描いていたかとか。
次に何をしようとしていたかとか。
自分に何が必要だと思っていたかとか。

そういうものが、全部、ごっそり。

さらに怖いのは、それらを忘れていたことに気づいて、思い出してしまったら、今度は何を忘れて困っていたかを、忘れ(かけ)てしまったこと。
人間の脳がそういうものなのか、僕がそうなのかわからないんだけど、そんなに簡単に捨てたり入れ替えたりできるもんなのかと。
スイッチが切り替わるみたいに、意識がバツン!と切り替わったからかもしれないけどね。(ハッと気づくみたいな、衝撃があったから)

ちょうど、積読消化で記憶の本を読んでるから、手掛かりがあると良いんだけど(笑)。

そして、伝説(らいげつ)へ…

おかげで、現在とてもスッキリしています
体が鈍っているのは仕方ないにしても、意識ははっきりしています(笑)。
なんていうか、本来の自分を取り戻した感じで、体(心?)が軽くなったようです。
こういうモヤモヤした状態って、正体がわからないせいもあって本当に厄介ですね。

とはいえ、思い出したからには進まねばならず、ここから一気にレベルが上がるので、慣れるまでは、ことあるごとに悶絶すると思います。
※例えば、この前のJK落書きで上手くいったと書いた、頬に光が抜ける表現は、このレベルでは当たり前にできることの一つです。このレベルでは、それぐらいのところを目指しています。
あれです、進級や進学したばかりは、授業が難しくてギャーってなる、あの感じです。

それもこれもドラクエ次第ですけどね。
ドラクエの合間を縫えれば、滞っていたものを少しずつ動かしていきます。
…合間を縫えなかったら……8月はまるごと夏休みです。(`・ω・´)-3

生身の魅力

こんにちは。
永遠の中学二年生Kei Alexです。

カウントアップ 61 / 100

f:id:kei-alex:20170725001852j:plain
やっとやる気が出たので、絵を描いています。
裸で申し訳ないw
こういうのは中学時代に山ほど描いてきました(笑)。翼が難しいんですよね(笑)。
清らかで繊細なイメージではなく、力強く生命力に満ちたイメージで描きたかったんですが、もっとダイナミックに描けば良かったかな。
あんまりクネクネさせると女性的になるから、難しいですね。

天使とかよりは、烏天狗のような、生身っぽい方が好きです。
……って、ファンタジーぽく言ってみたけど、正直なところ、ステイサム兄貴に羽を生やしたような生き物を想定していました(笑)。
翼なんてただの飾りと言わんばかりの肉弾戦。己の拳でぶん殴るのみ。むしろ、ボロボロにされることを考えれば、でっかい弱点を晒してる状態だけども。

まあ、ステイサム兄貴みたいな体だと、重すぎて飛べないだろうから、これも一種のチート能力だよね。

有言実行。

こんにちは。
大半はヤルヤル詐欺師のKei Alexです。

色見本

f:id:kei-alex:20170723224341j:plain
見本というか、コレクションに近い物です。
普段使ってるB5サイズの画用紙を半分に千切って、色系統ごとにまとめています。
暇を見つけて作り始めました。

頭のマルPは、POLYCHROMOSの頭文字。ホルベインアーチスト色鉛筆ならH、トンボの色辞典ならI、同社のNQならNって感じです。
ちなみに、番号だけでは味気なく、印象に残らないので、色の名前も書いています
これが長いw
色の名前を書きたいがためだけに、こんな横長に塗っています。

セットだから、こんな風にお行儀良く並んでるけど、ブランドや製品が入り交じっていても良いように作っています。
例えば、画像の右端にあるのは紫色のグループなんですが、下半分は空白にせず、他の製品の紫系が続きます。

今のところ、黄~オレンジ、赤~ピンク、紫、青、緑、茶、灰~黒、その他(メタリックや蛍光色など)の予定。

中間の色をどちらに分類するかが、結構悩ましい(笑)。
「○○○ピンク」とか「○○○ブルー」とかいう名前のものは、最後に付いている色のグループに入れています。
それ以外は、調べられれば調べるけど、たぶん面倒になって見た目で放り込むと思う(笑)。
いいんだよ、自分がわかれば(笑)。

考え方を変えた

僕は本当に、この作業が苦手で、できればやりたくないです。
でも必要だから、なんとかやりたくなるような気持ちにしたい(笑)。
それで、ハードルを下げまくることにしました。

  • 隙間時間や、気分転換にやる。(大事)
  • 一気にやると疲れるから、体力がたっぷり残っているうちにやめる
  • そのとき作りたい色を作る。
  • 綺麗なグラデーションになっていなくて良い。
  • 一覧表を作るのが目的じゃなく、色を蒐集するのが目的。(大事)
  • 紙の種類や大きさが変わっても良い。
  • 綺麗に作らなくて良い。

……と、こんなことを考えたら、やる気が湧いてきました(笑)。
そのうち資料が溜まれば良いぐらいの気持ちです。

雪だr…じゃない、色見本つく~ろ~

f:id:kei-alex:20160606174134j:plain

こんにちは。
ホルベイン149本(※)とポリクロモス120本を削るのに没頭していたKei Alexです。
さすがにこれだけ削ったら、達成感がありますね(笑)。
※ソフトホワイトを除く。

事の発端

地元の画材店でカール事務器の「エンゼル5」がピックアップされていた

カラーバリエーションに緑があればと思っていたことを思い出す

鉛筆削り器で1つ記事を書く(下書きだけで削除)

色鉛筆で金属表現をしたくなる

前回使った塗り絵で、クッキーを金属製にしようと企む

思った色にならなくてしょんもりする

色見本を作るしかないかと天を仰ぐ←今ここ

そんなわけで、鉛筆削りから色見本の話に変わりました。
アナ雪もう古いとか言わない(笑)。

どう作る?

色について、以前、記事にした覚えがあったんで漁ってみると、こんなのを書いていました。

dragonisland.hatenablog.com

全く偶然なんですが、ちょうど1年前の記事でした。
1年かけて同じ問題に戻ってくるってなに、地球の公転?

さらに、これ以外にも、色見本のアイデアを出した覚えがあって、探したら、これでした。

dragonisland.hatenablog.com

使えるようになりたいとか言って、使ってないんじゃ話にならないね。
アンテナだけは張り続けているけど。
……もう少し、色鉛筆の熱が冷めたら使うから(笑)。

ともあれ、僕は当時こんなことを考えていたわけです。

講座に色見本を作ろうと書かれていたんだけども、今一つピンとこなくて、単色分を作ったきり放り投げていた。
ずっと理由がわからなかったんだけど、僕はどうやら、全色を機械的に掛け合わせるものよりも、目的別にまとまっているものが欲しかったようだ。

この感覚は今も変わらない。
それで、こんなのがあったらいいなってのを挙げている。

例えば、色んな「肌色」や「影色」。あるいは色んな「緑っぽい色」といった感じ。
こういうものなら、僕は欲しいと思うし、便利だと思うし、のちのちまで使えると思う。

これ、やろう。

ブランドと色の名前を添えて、色の系統ごとに集まってさえいれば、大きさや形や配置が不揃いでも、順序通りじゃなくてもいい。
小さい紙を使えば、すぐ埋まって、達成感も得やすいし。(大事)
やろう、やろう。

色鉛筆が終ったら水彩でもやろう(笑)。


トップへ