Dragon Island

日々是修行。

何…上半期が終わる…だと……ッ!?

f:id:kei-alex:20160630123341j:plain

こんにちは。
英会話教室に例の国を故郷に持つ講師がいるので、不安そうにしていたらどう返してやればいいのかと思っていたら、「聞いてくれよ! 俺、こないだ温泉デビューしたんだぜー!!」と大興奮でウッキウキに喋り倒してくれたので、杞憂だと悟ったKei Alexです。
敢えて避けたのかもしれないけど、生徒の僕より先に身支度を終え、スキップせんばかりの上機嫌でスーパー銭湯へ出かけていったので、マジなんだと思ったよ。まあ今すぐ死ぬような問題じゃないもんな。

それはそれとして、今日は上半期の色んなことと、来期の色んなことの話だよ。ちょうどお題もソレだもんよ!(今週のお題「2016上半期」)

上半期

と言っても、実質3か月分です。
それでも僕にとってこの3か月は、あらゆる全てのものについて収穫しかありませんでした
実験と検証の繰り返し、半歩ぐらいずつ前進を続ける中で「描きたいもの」が定まってくるのも感じました。
技術面では、気づいては忘れ、確認しては思い出しを繰り返していたので(笑)、3歩進んで3歩下がるという状況でした。(進んでないw)
これらは今後も変わらず、忘れたり思い出したりを繰り返していくと思います。10回繰り返して1歩進むぐらいで充分だよ。

なにより、それまでまとわりついていた、様々なコンプレックスのいくつかが解消されたのは大きかったです。

そして言うまでもないことですが、レスポンスを下さる方をはじめ見に来てくださる方々には、いつも大変感謝しております。本当にありがとうございます。
励みになるのはもちろんのこと、特にはてなブログという環境については、活動を続ける上で大きな助けになっております。

下半期(予定というより願望)

「安○先生…!! バスケお絵描きがしたいです……orz」

今週末からお絵かきに時間と体力を回せそうです。描きたい気持ちはあるものの、ほんの5分も紙に向き合えなかった……もう限界だ、描きたい!(欲求不満)

漫画に関しては、正直な話をすると、少しずつプレッシャーが増してきています。
誰かに何かを言われてとか、過度に期待されてとかではなくて、やりたい気持ちだけは強いものの、苦手意識に由来する不安から、気持ちで負けている箇所が多くて逃げ腰になっています。

それを乗り越えていこうってことで、当面のトレーニングメニューがこちら。

1.街並みの写真模写
資料半分、楽しみ半分で買った写真集がいくつかあります。
これを参考に描こうと思いつつ、写真に含まれる情報が多すぎて、どこから手を付ければよいかわからないまま、現在、本棚の肥しになっています。
なので、そろそろ腹を括って取り掛かろうと思いました
まずは、一つ二つのモチーフに絞って模写るところから。
……そうです、いっぺんに全部描くのは不可能なので、できそうなところから攻略しますよ(笑)。看板とか、窓とか、建物一つぐらいなら、できそうでしょ?(笑)

2.柔軟な動き
「イラスト」となると急に構えて、記念撮影やグラビアみたいな静的なポーズが多くなってしまいます。
漫画も似たようなもんで、飛んだり跳ねたりしていない……いや、そういう世界観でもないけども、なんかちょっと物足りない
何ていうか、平面上での戦いしかやってないんですよね。今描いている漫画もそう。
必ずしも、ジャンプしつつ振りかぶってからの唐竹割りってわけにはいきませんが、もう少しバトルに縦の動きを入れたい
せめて手足を目いっぱい動かして、筋肉を沢山動かして、伸び伸びした感じの姿勢を描きたい。
このブログを始めてから数えても、それっぽいのでパッと浮かぶのは3つぐらいしか描いていないもんで。
改めて、アクション映画やカンフー映画、漫画を見ようと思った。

3.空気感
お絵描きする上で切っても切り離せないことなんですが、空気が感じられる画を描きたいんですよ。
これは凄く大きな目標で、素人が半年や1年でどうにかできるものでは到底ないんだけど、笑い声や水の音だとか、乾いて埃っぽい土の匂いだとか、錆びた鉄のザリザリした感触だとか、言葉で表すのが難しいけど、重々しさとか、静けさとか……なんていうのが適切なのかわかんないけど、臨場感? 迫力? 雰囲気? そういうの。
もうずっと目指してやってるつもりなんだけど、やっぱり難しいねえ。


トップへ