読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dragon Island

日々是修行。

キーボードカバーのその後

こんにちは。
モニターとの距離を考えると別途キーボードを繋いだ方が作業しやすいKei Alexです。
ラップトップ買った意味w

ある日、ディスプレイにアレが…

以前こんな記事を書きました。

dragonisland.hatenablog.com

エレコム キーボードカバー フリータイプ 大型ノートサイズ PKU-FREE4

エレコム キーボードカバー フリータイプ 大型ノートサイズ PKU-FREE4

 

記事で書いた通り、この製品はすごく便利。
と、同時に、普段キーボードがどんな状態か、ふんわり気づきます。
特にヨゴレ。

そうです、そういうものが目に見える形で現れるんです。
といってもキーボード上ではありません。
シャットダウン後に伏せる液晶画面にです。

シリコンが伸びるせい

上の記事でも、ホームポジションを中心に、シリコン製のカバーがドーム型に盛り上がると書きました。
それが、日に日に大きくなり(使えば嫌でも伸びる)、ついに蓋を閉めたときにディスプレイ面に接するようになったというわけです。

ディスプレイなので、汚れにはすぐ気づいたんですが、最初は作業の傍ら飲み食いした汁物がハネたのかと思っていました。(そんな食べ方をした覚えはないけどさ)
ところがその後も度々起こり、心当たりがないタイミングでもあったので、もしやと思いディスプレイを伏せたところ、案の定……。
もちろん拭き取れば解決します。
皮脂とか老廃物的なもの(と、それらをエサに繁殖している雑菌)が大半でしょうし。

スゴイことになってるっていうよねー

それにしても、普段から周辺機器やスマホ、携帯ゲーム機といったものはこまめに掃除しているつもりだったので、思いがけずショックを受けました(笑)。

仮にこれが、カバー交換の目安だとしたら、かなり寿命が短いと感じます(約1か月半)。
でも……まあ……3日目にしてグリップが弱くなったり、少し盛り上がってきたことを考えると、これぐらいのものなのかもしれませんが……。
ちなみに、破れなどは一切なく、降りかかる埃や汚れからキーボードを守り続けています。また、シリコンが身代わりになって、キー表面の磨滅も(恐らく)防いでいます。

他の隙間が無防備ですけどねw

排熱のその後

今度はこっちの記事のその後。

dragonisland.hatenablog.com

現状からお伝えすると、至って正常です
やたらにファンが回ることもありません。他の個体と比較しても、全く問題ない程度です。
一体あのときは何が起こっていたんだろうな…。

というわけで、汚れに気を遣いつつ(笑)、使用を続けます。
また何か変わったことがあればレポします。


トップへ