Dragon Island

日々是修行。

ぐぬぬ…!

こんにちは。
たまに思いっきり塗り絵に没頭したいけど、好みの塗り絵本がなかなか見つからなくて唸っているKei Alexです。
じゃあどんなのが良いんだ、と聞かれても咄嗟に出てこないっていうねw

色鉛筆の比較

f:id:kei-alex:20170708012926j:plain
実際は、もう少し茶色が暗く、赤色が鮮やかに出ています。
昼間撮影しないと駄目かな-。

ポリクロモスは、重ねてもコッテリせず、サラッとした印象です。
ホルベインは、色によって、重ねるとこってりした感触になってきます。
色合いの細かい調整が出来るのはポリクロモスかなあ。

どちらもクッキーのモチーフで、右はシンプルな生地のみの表現だったんだけど、それだと面白くないから、ソースをつけてみました。
が、ホルベインの色鉛筆は、新品の状態だと先が尖っていないので、紙に接する部分に誤差ができて、1~2ミリズレました
とにかくそれがストレスだったので、削るか、大きな絵に使うかで対応しようと思います。
左のハート型の方も、レース模様みたいな部分を、白いアイシングのつもりで、グレーやベージュっぽい色で立体感を出そうと思ったんだけど、狭すぎて無理だった
花の飾りは、ソースの真ん中にアイシングを押しつけた感じにしようと思ったんだけど、いまいち…。ちなこれ、アラザンにする手もあるね。あの銀色の砂糖かなんかの玉。

なお、塗るのに夢中で、使った色は覚えておりませんw

ポリクロモスの方は、ココア生地のつもりで、暗い赤紫から黄土色までの同系色を4色ぐらいと、厚みを出そうと思って、左下に藍色っぽい青を使っています。
ホルベインのソースのハイライトは、赤の塗り位置がずれたので仕方なくこの形に。

今回使った塗り絵

世界を旅する お菓子の塗り絵

世界を旅する お菓子の塗り絵

 

何が良いって、巻頭の講座ページに「フリーダム塗り」と称して、枠線を無視してぐっちゃぐちゃにはみ出して塗る「方法」が紹介されていること(笑)。
はみ出しもアリなら、好きに描き加えることも「方法」として紹介しています。
そして、作例が、かなりムラのある状態で、初心者が取っつきやすいつくりになっています。

しかも、塗り絵ページの扉に、「好きなページから塗ってみましょう」って書いてあるんですよ。

女神かと思いました。

また、大人の塗り絵らしく細かい描写なんですが、形がスッキリしていてわかりやすいんですよ。
均一な線で描いているのに!
だからすごく塗りやすいです。
次、動物の奴とか出してくれないかな~(笑)。


トップへ