Dragon Island

日々是修行。

(追記あり)カクノ極細字と白ボールペンとシグノのダークグレー

こんにちは。
久しぶりにインクの瓶を取り出したら、化粧箱の中で汗をかき、酸っぱい匂いを放っていて慌てたKei Alexです。

インク自体は無事だったんで、ガラス瓶の外側だけの問題だったっぽい。
ほとんど使っていないから、捨てることになったらさすがに哀しいっすよ。

カクノ極細字

f:id:kei-alex:20170803000040j:plain
違うんす。違うんすよー。本当の目的は透明軸だったっすよー(笑)。
インクの色が見えていいよねって宣伝文句ですけど、おいら、黒インクしか持ってないんで、実はそんなに楽しい結果にならないんですよ(笑)。
華やかな色インクなら、きっとメーカーの狙い通り楽しいと思うんですけども(笑)。

んで、脇にあった極細字が目に入りまして。
以前買ったのは細字だったんで、こっちを試してみようということで変更。
ついでに、前回試せなかったコンバーター(別売り)にしてみようと(笑)。

なお、極細字(EF)にも透明軸が存在するんですが、文具店で売り切れていたので買えませんでした。

インクが入らず手を汚す素人

あーあーあーあー。
コンバーターつけたペン先を突っ込んだのは良いんですけど、上手く吸い上がってくれなくて、もう少しペン先を沈めないとだめかな?と思ったのが間違いでして、瓶の口に付いていたインクがべっとりと……落ちねぇぇorz もう風呂入っちまったよーまた入るの嫌だよー。
てことで、自然に任せます。
むしろサラダ油とか付けた方が落ちたりするのかな?(油性ペンの要領)

ともあれ、こちらをご覧ください。

f:id:kei-alex:20170803001058j:plain
一番上が、今回購入した極細字。
インクは色雫の竹炭です。まあ、黒インクですよ。
真ん中は、同じくパイロットのプレラ(PRERA)という製品。3,000円ぐらい。
細字と、カリグラフィーに使える平たい奴を買いました。どちらもコンバーター式です。
インクは同じく色雫。
※画像では「PRETA」になっています。誤字です。PRERAが正解。
一番下は、カクノの細字。
細いか?と疑いたくなる太さです。もしかしたらペン先に紙の繊維が挟まっているかもしれないけど。(目視で確認できなかった)

なお、プレラは軸が短いので、おしりにキャップを取り付けて長くしないと書きにくいです。しかもそのキャップが重たい…。

白のゲルインクボールペン

f:id:kei-alex:20170803001752j:plain
白ペンがイラスト制作にどれぐらい使えるのか確認するため、シグノのエンジェリックカラー太字を比較。
黒ペンの上から描(書)いて、透けなければホワイト代わりに使えると……思ったんですけど……。

コピックマルチライナー新ペン先スクールGシグノ鉛筆は透けずに白が乗りました。
万年筆はほぼ全滅。プレピーに至っては全く効かない。
ハイテックCよりはシグノの方が覆えるのは、同じメーカーだからでしょうか(笑)。
筆ペンや証券用インクでも試したいところですが、また次回ということで。

細かいところは使えないので、そのうちポスカのホワイトでも買ってきましょう。アナログで均一な直線を引くのが大変なんだよね。溝引きが付いた定規とガラス棒(溝引き棒)がいるから。

それにしても、エンジェリックカラーの相性の悪さよ…。

シグノのダークグレー

ダークグレーは、最近0.38のシリーズに追加された12色のひとつです。
凄いことになってますよね、目移りしてしまう(笑)。
鉛筆のように柔らかい印象になったらなと思ったんですが……見慣れないせいか違和感が(笑)。
鉛筆と比較してみましたが、鉛筆はウォームグレー、シグノはクールグレーに見えました。これは照明の兼ね合いもあるかもしれません。

願わくば、ハイテックCでもダークグレーを出して欲しい……(笑)。
シグノも好きだけど、鉛筆の線をなぞると滑るんだもんよ……。

今日紹介した製品

三菱鉛筆 シグノ太字1.0mm 153 白

三菱鉛筆 シグノ太字1.0mm 153 白

 

ユニボール シグノ 極細 0.38mm | ユニボール シグノ 極細シリーズ | ユニボール シグノ キャップ式 | ゲルインクボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社
Amazonの検索に出てこなかったので、メーカーの製品ページを紹介しています。

しつこいようですがアフィリエイトやってないんで、クリックしても僕には一円も入りません(笑)。

追記:泡ハンドソープorシャンプーが効く

万年筆用の顔料インクが指にベッタリ付いたので、落とそうと色々試してみました。
どれも40度ぐらいのお湯を使っています。

  1. 固形石鹸:ほとんど効果なし。
  2. 食器用中性洗剤:全体的に少し薄まったが、ほとんど効果なし。油分が取れてカサカサになる。
  3. シャンプー:全体的に薄まった。何度かやれば取れそうな気配。
  4. コンディショナー:油分が抜けたのでハンドクリーム代わりにと思ったら、洗い流すときにインクも結構取れた。
  5. 泡ハンドソープ:一番落ちた。さすがに1回では取りきれないけど、数回に分けて洗えば落ちると思う。

というわけで、僕みたいに風呂に入った直後にやっちまった場合は、泡ハンドソープがお勧めです。

教訓:万年筆のインク補充は、入浴前にせよ。

それじゃ、また!(`・ω・´)


トップへ