Dragon Island

日々是修行。

丸ペン使ってみた

こんにちは。
今日はブルース・リーの誕生日だそうで、「考えるな、感じろ!」についてちょっとぐぐったら、思いがけず勉強になったKei Alexです。
目的と手段を、月とそれをさし示す指に喩えた話だったんですね。
燃えよドラゴン」は見ましたが、なにせ小さい頃だったんでカンフーアクション以上の印象がなく、勉強になりました。

太い線と細い線

僕の今の表現なら、部分ごとに線の太さを変えた方が見やすいと思いました。
どうせなら、何度も重ねずに、1回で太い線を引けた方が楽なわけで。
同じく、余計な工作をせずに、1回で細い線を引けた方が楽なわけで。

今は、コピックマルチライナーの0.1をメインに使っていますが、絵自体が小さいこともあって、ちょっとした加減が厳しいという課題があります。(自分の未熟さもある)

それで、つけペンや万年筆のようなペンの方が、表現しやすいなあと。
太い線はGペンを使うとして、細い線は、定評のある丸ペンを使ってみることにしました。
丸ペンは一生使わないだろうと思っていたんですけどw

丸ペンデビュー

f:id:kei-alex:20171127120638j:plain
丸ペンカリカリ音すごいっすね! ガリリリリリ……って感じで。
ケント紙ぐらい滑らかな紙だったら、もっとスルスル描けるのかなあ。
カリカリと引っかかるから、ペン先が撥ねて(ブレて)線がガタガタになりました。
他のペンと違って、横に動かすのが不可能なぐらい引っ掛かるので、字を書くのには全く向かないです(笑)。

今回使った紙は、マルマンのクロッキー帳で、画用紙タイプのものです。(ポケットサイズ限定)
紙質は90kgの上質紙。
だから表面が弱いし、滑らかさも足りないですね。

それで、クロスハッチングをかけてみたら、インクの水分もあって、紙が削れること!
そしてそれが簡単にペン先に挟まる! ごっそりと!!
この紙に使うなら、線を交差させないことですね(笑)。

それと、ゆっくり描かないと線が掠れました。

みんな、これ、どうやって使ってるんだろう?(今年最大の謎)

他のペンとの比較

画像参照と言いたいんですが、僕が使うと、どのペンも同じような結果に見えますねw

個人的な使用感は次のような感じです。
※Gペン、サジペン、丸ペン、カクノ(万年筆)で比較。

ペン先の開きやすさ:>丸>サジ>>カクノ

滑らかさ:>カクノ>サジ>>>丸

横向きでの使いやすさ:カクノ>G>サジ>>>>>丸

線のコントロールカクノ>サジ>丸>>>G

それぞれ長短があるけど、ペンより紙の問題が大きい印象です(笑)。
今度、ケント紙を試すのと、力加減を色々試してみます。

オマケのカクノ

マルチライナー(サインペン)やハイテックC(ボールペン)での不満が、万年筆なら解消できるかな、と思って試してみたら、これがかなり優秀でした。
文字を書く用途から、縦横無尽に動かせる機動力。
それでいて入り抜きを出せる表現力。
全く掠れないインクの通りの良さ!

強いて言えば、さすがに丸ペンほど細い線にはならないことですが、これぐらいなら許容範囲だと思います。
線幅が均一なので1本で強弱をつけることはできないけれど、ハッチングなどには向いていると思いました。

そんなわけで、丸ペンの練習をしつつ、カクノで対応していこうと思います。

過去の比較記事

dragonisland.hatenablog.com

dragonisland.hatenablog.com

dragonisland.hatenablog.com


トップへ