Dragon Island

Dragon Island

日々是修行。

ゴッホ展札幌へ行ってきましたよーヽ(´∀`)ノ

こんにちは。
行こう行こうと思って、行けずじまいだったゴッホ展に行ってきたKei Alexです。

てことで、お題「芸術の秋」

ゴッホ展札幌

gogh-japan.jp

ゴッホの中でも、日本に関する部分をピックアップした展覧会です。
札幌展は10月15日までです。(10月10日は休館日
今月下旬から東京、そして年明けに京都で開催されます。

札幌なんて田舎ですけど、結構混んでいました。
僕は当日券組で、チケット購入に30分近く並んだかな。
後ろの方から「前売り買っとけば良かった」って声も聞こえてきましたよ(笑)。
僕もそう思ったw

入った後は自由に見られるので、一旦出口付近まで進んでから、気に入った作品のところまで戻って堪能させてもらいました。

ゴッホ以外の作品も

ゴッホだけでなく、彼の最期を看取った医者(ガシェ)であったり、死後、彼の地オーヴェールを訪れた日本人画家たちの記録だったり、墓所や暮らした町を描いた作品も展示されていました。(下のリンク参照)
驚きましたが、とにかく資料が多い!!
墓参した際のとても古い映像記録もありました。

gogh-japan.jp

中でも僕が興味を惹かれたのは、中澤弘光のスケッチでした。
ちょうど映像記録にあったので確認できたのですが、写真を撮るようにスケッチしてありました。

スケッチと言えば、今回、ゴッホ本人のスケッチは非常に少ないです。

おみやげ

変わったものもいくつかありましたよ。
ロクシタンというスキンケアショップ?というのかな、そことのコラボで練り香みたいなのが売ってました。(小さい丸い感に入ったやつ)

あとチョコレート!(笑)
チョコとゴッホには、なんの関連も無いと思うんですけど、缶に向日葵の絵がプリントされてまして、カンカン狙いで買いそうだと思いました(笑)。またペンケースにちょうど良いサイズだったんですよw

僕も何か面白いものが欲しいなあと思ってたんですけど、あいにくこれだ!と思うものはなく、ポストカードを3枚買って帰ってきました。
f:id:kei-alex:20171009204208j:plain
上の1枚(夜のカフェテラス)は、普段から美術館で売られているもので、下の2枚(草むらの中の木、オリーヴ園)が展覧会限定です。
どうしても……樹木の作品に関心が集まります。
本当は、もう1枚『下草とキヅタがある木の幹』のポストカードも欲しかったんですが、残念ながらありませんでした。

このほかにも『サン・マリーの海の風景』が好きです。

まとめ

原画を見られたのは、やっぱり何よりも大きな収穫でした。
次、いつ来てくれるかわかりませんからね。
そして、プリントでは一生満足できないカラダになりました(笑)。
どんな画家だって原画が比べようもないぐらい最高なのは間違いないけど、ゴッホは特にそう思う一人だと思います。
僕は特別ゴッホに思い入れがあるわけじゃないけれど、それでもガッツリ目を奪われるぐらいの力があって、ずっと眺めていたいと思いました。

見に行って良かった!


TOP