Dragon Island

Dragon Island

日々是修行。

セリアの色鉛筆と今日の進捗

こんにちは。
ドラクエ11Sの種集めに日々いそしんでいるKei Alexです。

最近ずっと進捗の話ばっかりで飽きてきたので、たまには違うネタと合体してお届けします。

にほんの色鉛筆

百円ショップのセリアに売っている色鉛筆……結構良さそうなんですよ。
メタリックカラーと迷って和の色鉛筆のセットにしました。

f:id:kei-alex:20210831125001j:plain
12色セットです。

結論から言えば、すごく良い!です。
塗り心地は学童用と比べても滑らかですし、発色も良いです。
惜しむらくはハーフサイズで、一般的な鉛筆の半分しか長さがありません。
200円で良いから長くしてくれたら良かったです……。
ちょっと大きい絵を描いたらすぐなくなってしまいそう。

品質が良い

f:id:kei-alex:20210831125350j:plain

実際の色は、もう少し明るく鮮やかです。
金茶色(きんちゃいろ)は黄色と山吹色の中間ぐらい。
鳶色(とびいろ)は赤みがかったグレーです。

塗り広げるとかなりしっかり色が乗ってくれるので、とても好みでした。
せっかく鮮やかなので、重ねるよりは単色で使いたいかなあ(笑)。

これで100円は本当にお安い。

コストカットのデメリット

ひとつは、前述のとおり短いことです。
もうひとつ、木軸部分に色名が印刷されていないことです。

一度出してバラバラにしてしまうと、どれが何色かわからなくなってしまうかもしれません。
なので最初にやるべきは、順番に1本ずつ慎重に取り出し、ボールペンなどで色名を刻みつけることですね(笑)。

何度も言いますが、200円でも300円でもまだ全然安いので、長くて色名の入った状態で売って欲しいなあと思います。

とはいえ、手軽ですし現行のままでも十分すぎるほどオススメです。

進捗

f:id:kei-alex:20210831154806j:plain

裾周りがどうも締まらないもんで、当初の予定を少し変更し、骨盤ギリギリで押さえていたベルトを標準的な位置(くびれ辺り)に持ち上げました。
裾のデザインについて色々描いてみたんですが、無難なところに収めました。
「だらしないところ」と「ちゃんとしてるところ」のバランスを上手に取るのが難しいっす。

ここからどうやって華やかさを出そうかな。


TOP