Dragon Island

Dragon Island

日々是修行。

10年で変わったこと・変わらなかったこと

こんにちは。
今年も早々にヒートテックやNウォームのお世話になっているKei Alexです。

今回もはてなブログ10周年の特別企画に参加します。

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

年寄りの思い出話は長いものと相場が決まっているので、適当に読み飛ばしてください(笑)。

変わったところ

不要な見栄を張らなくなった

特に絵に関してなんですが、他にも良い影響を与えました。
「自分」と向き合えるようになって、自分を主体にして行動できるようになりました。
必要以上に「他人の目」を気にせずに済むようになりましたし、他人と比べることも(ほとんど)なくなりました。

副産物(副作用かな)として、少々馴れ馴れしく図々しくなりました。

つまりどういうことかというと、僕の絵を買ってくださいと宣伝するのに抵抗を感じなくなったということです。

keialex.booth.pm

無料版もあるので、使ってちょ、遊んでちょ。

理屈でものを考えるようになった

元々理屈屋の気があり、若いころは反抗期も手伝って屁理屈の口達者でした。
おまけに学生時代は重度の考察厨&妄想厨でした。
それが、「屁」が取れてストレートな理屈を持ち出すようになり、色眼鏡越しの考察が事実に基づいた分析に変わりました。
これも前述の見栄を張らなくなったことが少なからず影響しています。
見栄って罪深いですね。

あ、理屈と分析を持ち出した上で、都合の良い言い回しでその場を誤魔化すことはありますよ(笑)。

この10年、何度となく自分を説得し、言いくるめ、焚き付けてきました。
特に絵に関しては、できるだけ言語化して必要な場合には図解を添えて、そのときの自分の状況をなるべく客観的に把握できるようにしていたら、いつの間にかこうなっていました。

賛否はあると思いますが、僕は過ごしやすくなりました。

体力が減り健康不安が高まった

健康への不安は毎年増える一方です(笑)。

20歳を超えたあたりで徹夜ができなくなり、30歳を超えたとたんに内臓が立て続けに壊れ、首肩腕手首を痛めたなあと思っていたら腰を壊しまして、40を迎えてまたしても内臓をやり、ボロボロでございます。
いや、治ったには治ったんですけども、こんなにやる!?っていうぐらいやってます。
たぶん他の人はこんなに病院のお世話にならないと思うんですよ(笑)。

それと、運動不足が祟って太りました。
服のサイズが上がる上がる。

いいか若者よ、30超えたら年寄りだからな!
いつ壊れてもおかしくないからな!?
アスリートだけじゃないからマジで。

変わらないところ

絵のデザインと内容

これはもう遡ると20年ぐらい変わっていません。
恐ろしいことを言いますと、20歳ごろに描いたモノと、5年ぐらい前に描いたモノが、ほとんど同じで全然成長していなくて軽く絶望したことがあります。
よく見れば、最近の方が技術面では上手くなっているんですけども、第一印象は全く同じだったんですよ。

小さい頃の写真を見て「面影が残ってる」ってなるやつ、あの感じです。
成長はしているけど雰囲気はあるぞっていう。

最近も、立ち絵イラストを描きながら「ああ、変わってねぇな……」って思っています(笑)。
なんなら表情の処理などは中学時代と同じです。

根本的な考え方が変わっていないんだと思います。

f:id:kei-alex:20210927091854j:plain

特に中学時代の雰囲気が残っているもの
絵を描いていること

振り返ってみると、少なくともはてなブログを使っている6年間は絵を描いているんですよ。
その前も別のSNSに絵を投稿していて、なんやかんや描いているんですよ。
掘り起こすと小6の終わりごろからずっと描いてるんですよ。(それ以前は暇潰しの遊びだった)
中断する時期があったとしても、10年どころか25年以上も描いているんです。

……良くやってるよね……。

ちょっとびっくりしましたわ。

変わらないものに目が向かないところ

言葉遊びみたいですけど、変わらないところってあんまり意識しなくて、そういう性格的なものは変わらないなあと思います。

変化したことは気づきやすいんですけど、変化しないことは意識しないので気づかないんですよ。

あたりまえなんですけどね。

まとめ

10年てやっぱり長いんだよね?
2000年以降は全部「最近」でまとまっちゃって、ミレニアムベビーが成人式を終えてるって信じられないんだけども、2010年から数えたって、たぶん今年小5でしょ?

そりゃ体力も落ちるし健康も損なうし、衰えますって(笑)。

そして10年後も、また同じようなことを言ってるんだろうなと思いました。


TOP