Dragon Island

日々是修行。

自宅で自己流ボイトレ

f:id:kei-alex:20201112123152j:plain
※画像はイメージです。

こんにちは。
鼻にかかって通りにくい声&活舌を改善したいKei Alexです。

自分の声が嫌い(だった)

僕は長らく自分の声が嫌いでした。
あるとき友達とカラオケに行って、たまたま「自分の歌を聴き直す」機能を見つけたので面白半分に試してみたんです。
そしたら、自分の声がエライ鼻にかかってフニャフニャしていたことを初めて知って、思わず友達にも「僕の声って、普段からこんな鼻にかかってたの!?」って確認してしまいました。(肯定されました)

また、別のエピソードでは、声をかけるシステムの飲食店においては、怒鳴るぐらい声を張り上げないと店員さんに気づいてもらえないことから、どうやら声の通りも悪いらしいと感じていました。

声とは生来のものだと思っていたので、僕は一生この声と付き合わなければいけないのかと、大げさではなく絶望したのです。

そんなわけで、僕はずっと自分の声が嫌いでした。

改善できると知った

長らく諦めていた「声」について、改善したいと考えたきっかけは、ゲーム実況でした
僕はゆっくりボイスが好きということもあって、自分の肉声(生声)で動画を作るつもりは無いのですが、だからといって半永久的にゆっくりボイスに頼ることもできませんから、いつでも対応できるようにしておく腹積もりはあります。
ですが、ただでさえ嫌いな自分の声を動画に残し続けるなんて、とても耐えられません(笑)。
自ら拷問を課すようなものです。

そこで、世の中に同じ悩みを持っている人はいないか、あるいは、専門家でもライフハッカーでも誰でも良いから、何か情報が無いかとネットで探してみることにしました。
そしたら、いるんですね、同じ悩みを抱えた方たちが。そうやって需要があるものだから、改善方法も出てくるんですよ(笑)。

インターネットのある時代に生きててよかった!

というわけで、仕組みを知ると同時に改善方法も勉強しました。

原因は鼻に声が抜けているから

調べてみたら、声が鼻にかかることも声の通りが悪いことも、同じ1つの原因から来ていることが分かりました。

それは文字通り、声が鼻から抜けてしまっているから。

本来、声というのは喉から口を通って出ていくものだそうなんです。
それが、どうしたわけか口の方ではなく、鼻の方に流れて行ってしまうと、鼻にかかった声になるんだそうです。
鼻を通ることで声がこもり、(声の)通りも悪くなるそうなんです。

自分の声が鼻を通っているのか、それともちゃんと口を通っているのか確認する方法は、とっても簡単です。
親指と人差し指で鼻を軽くつまんで、「あ、い、う、え、お」と言ってみれば良いのです。
このとき、鼻が震えて、振動が指に伝わってくるなら、声が鼻を通っている状態です。
また、鼻をつまんだことで声が変わる場合も、声が鼻を通っている状態なのだそうです。
※「ナ行」「マ行」「鼻濁音」は、声が鼻を通らないと発音できない(=鼻にかかるのが正解)ので除外します。

僕も試してみたら、バッチリ鼻が震えていました。

念のため、鼻炎や風邪や様々な症状によって、物理的に鼻が塞がっているせいで、声が籠ってしまうのはまた別の問題です。

声を口から出す練習

鼻に声が抜けているとわかったところで、次は改善する方法です。
理屈としては、鼻ではなく口へ抜ければ良いわけです。
が、分かったからといって、簡単に切り替えられるものではありません(笑)。

探した中で割とわかりやすかったのが、前歯の裏に息のカタマリをぶつけるような雰囲気で発声するというものです。

試してみたら一発で改善されたことを、ここにご報告いたします。

僕なりに詳しく補足すると、少し腹に力を込めて「ハッ!」と気合を入れて発声すると、上手くいきました。
後は音量を少しずつ調節してやるだけ。

こうやって発声すると、喉が開いて口の中の空間も広がって、声が太く低くなり、張りも出ます(笑)。
つまり、エエ声に近づくというわけです。やったぜ!

一応高い声も出せますが、一番楽なのは太く低い音でした。

ついでに活舌も見直したい

自分では別に活舌が悪いと思っていないんですが(笑)、ついでなので、この機会に一緒に改善していくことにしました。

こっちは、ちょっと深いところを目指すとすぐに有料サービスへ誘導する宣伝文句が出てきます(笑)。
そりゃそうです。昔からボーカルトレーニングやアナウンサー養成講座があるんですから。

あちこち見て、素人が自宅でできることを掻き集めてみると、

  • 腹式呼吸
  • 口角を上げる
  • 口を大きく動かす
  • 母音だけで言ってみる
  • 朗読する(音読ではない)

といったものがありました。
これなら僕にもできそうです。

朗読に関して、僕は何を使おうか迷った末に「外郎売」を読むことにしました。

ja.wikipedia.org

演目はもちろん、この有名な長台詞も知らなかったんですが、こういう言い回しは大好きで、自分がやってて楽しいというのが理由です。

落語や活弁士、あるいは寅さんやバナナの叩き売り、そうした調子が好きなんです(笑)。
毎朝、外郎売の「拙者親方と申すは」から「破風には菊の桐の薹(トウ)の御紋を御赦免あって、系図正しき薬でござる。」までを題材にしています。

外郎売は偶然知ったものですが、もしこれでなければ古文を朗読するつもりでした。

喉のケアも忘れずに

声を出すからには喉を傷めやすくなるわけで、風邪予防も含めてケアの必要が出てきました。
実際、三日ばかり取り組んだだけで喉がちょっと痛くなってきたのです。季節がら乾燥してますし(笑)。
はちみつをお湯で溶いて飲むのが好きなんで、これで賄おうと考えています。(用が足りるかはわかりません)

自分の声の嫌いな要素がなくなって、それどころかエエ声まで手に入れられそうなので、しばらく続けていきます。

マイクラのオリジナルスキンを作りました

こんにちは。
あったかいポタージュ(インスタント)が胃と心に沁みている寒がりのKei Alexです。

イクラのスキンを作った

キャラクターやアイテムなどの外見を「スキン」と呼びます。意味はそのまま、皮膚ですね。
ペーパークラフトの展開図のような格好で作られた画像データを、モデルの該当する箇所にペタペタ貼り付けて覆っていくような仕組みになっています。

イクラにもスキンシステムがあり、プレイヤーは思い思いのスキンを使って楽しむことができます。

今回僕が挑戦したのは、これ。

f:id:kei-alex:20201105162644p:plain

NovaSkinというサービスを利用して作りました。

https://novaskin.me/post/19582667746

novaskin.me

360度、ドットを打つ感じで描いていきます。
f:id:kei-alex:20201105164101p:plainf:id:kei-alex:20201105164119p:plain

ブログやTwitterで使っているアイコンがドクロなので、それっぽい雰囲気にしました。

f:id:kei-alex:20201106124120j:plain

こういうイメージで、Tシャツとジーンズ姿のガイコツマンです。

球体を立方体に描くとか、どこを暗くしてどこを明るくするといい感じに見えるとか、思うようにいかなくて面白かったです。

イクラには敵キャラとしてスケルトンがいるので参考にしたのですが、あんまり近づけると区別がつかなくなると思って、もちゃもちゃ弄っていたら訳の分からない生き物が誕生してしまいました(笑)。
ドット数が少ないですし、もっとのっぺりした感じでも良いのかもしれません。
minecraft-ja.gamepedia.com
あと、Tシャツがなんかダサいような気がします(笑)。
オシャレって難しい。

すぐに作り直した

それで頑張って作り直したのがこちらです。
f:id:kei-alex:20201106114928p:plainf:id:kei-alex:20201106115000p:plainf:id:kei-alex:20201106115033p:plain
どうすか。
大分スッキリして、Tシャツもマシになったと思うんですが、どうすか

ビフォーアフターはこちら。
f:id:kei-alex:20201105175040p:plainf:id:kei-alex:20201106115222p:plain

僕としては大満足なのでこれで決定です。

PS4では使えない

残念ながら、自作スキンはPS4やSwitchなどの家庭用ゲーム機では使えません。

こんな頑張って作ったのに(笑)。
自作スキンを導入するためには、いくつかの手順を踏み、ファイルの中身を書き換えるなどの作業が必要なんです。
家庭用ゲーム機はそういう操作を一切受け付けないので、使えないというわけです。

PCではそこらへんが自由なので、自作スキンも使えるのです。

家庭用ゲーム機で遊べる「統合版」というバージョンでは、自作スキンが使えない代わりに、カスタムスキンという機能が搭載されています。
これは、公式や公認クリエイターが作ったスキンパーツを自由に組み合わせて楽しめる機能です。
有料パーツと無料パーツがあり、当然ながら有料パーツの方がオシャレです(笑)。
ですが顔に限っては、無料でも豊富なパーツが用意されているので、かなり楽しめるのではないかと思います。

というわけで、僕の場合は、PS4ではカスタムスキン、PCでは自作スキンで遊んでいこうと思います。

男女の書き分け

こんにちは。
愛用している日用品が近所の店にいために、ネットで注文することになり、図らずとも今どきのライフスタイルを味わっているKei Alexです。

今回は、前回書いたお絵描き練習をやってみました。

女子に合わせて男子を描く(カウントアップ 125 / 200)

それがこちらです。

f:id:kei-alex:20201031114201j:plain

どうでしょうか?
自分としてはかなり良い感じにできたんじゃないかと思っています。

輪郭が歪んでいるとか目鼻が傾いているとか、アレなところは多々あるんですけども、そこは一旦置いといて、同じような雰囲気で描くことに集中しました。

今回は初めてということもあって、女の子の方を先に描き、それを下敷きにバランスをとりながら男の子の方を描きました
髪型は男の子に流用しやすいように前髪を処理しています。

今回のポイント

まず、二人を重ねるとこんな感じです。

f:id:kei-alex:20201031114849j:plain

なんか画像が気持ち悪くなってるんですけど大丈夫ですか?(笑)
黒めを正面に向けてしまったのは失敗でしたね。

似て非なるポイントは、パーツの大きさです。
輪郭の幅はほぼ同じですが、男の子の方が顎の頂点の幅を広くしています。
眉と目の位置は、やや大袈裟なぐらい上げ、さらに男の子の方は縦の長さを短くしています。(横の長さはほぼ同じ)
また、首の幅は図の程度に広げました。

もちろん、僕が思う男の子像というか、デザインの好みも取り入れてありますので、極端に描きにくくはありません。
同時に、あまり描かないタイプのデザインでもあります。

裏話を打ち明けると、男の子の方は、最初、目元と口元がイヤラシイ感じになってしまって、僕が普段よく描くなんとなくスケベそうな、胡散臭い顔になってしまったんです(笑)。
もちろん、女の子とも似ていなくて、失敗しました。

そこで改めて気をつけたのが、口の形と、眉目の形……つまり人相を形成する一番重要なパーツです(笑)。
これが手癖というか、僕自身の感覚の癖なんでしょうね。

ここを、癖や感覚じゃなくて、理屈で処理するのが目的なので、ある意味大成功なんですけども(笑)、いやいや、こんなに綺麗にハマるかと思わず笑ってしまいました。

まとめ

初めてにしては上手くいきましたし、新鮮さもあります。
今回は、同じキャラクターの性別を変える格好で描きました。
一度で定着するものではありませんから、何度も繰り返して手持ちのカードとして使えるように鍛えていきます。

新しいことですし、普段のキャラクターデザインでも、8方向からの全身像だの色んなアクションや表情例などを描いてやらないと、描いている本人がキャラクターを把握できませんから、簡単ではないです。
でも、やることは唯一描くこととシンプルなので、ゆっくりペースでもなんとかなるなかと思っています。

ということで、全部を全部記事にするわけではありませんが、今後もこうしたことをやっていきます。

次のこと。

f:id:kei-alex:20160517135643j:plain

こんにちは。
冬の声がチラホラ聞こえてきた北海道からKei Alexがお届けします。
ああいやだ、今年もまた冬になるのか。冬眠したい…ちがった、冬の間だけ在宅勤務したい。おうちから出たくない。

そんなこんなで、僕のお絵描き生活の「次」についてです。

描き分けを頑張る

久しぶりに頑張ります。

僕はキャラクターを描くとき、男の子ならこう、女の子ならこう、といった風にある程度デザインの特徴が決まっています。
理想の姿が、それぞれ異なるためです。

そのせいで、男の子と女の子、大人と子供……といった異なる種類のキャラクターを、一つの作品に登場させるのがとても苦手です。

ざっくり振り返ってみても、漫画でもイラストでも、男女や年齢差の大きいキャラクターたちがメインで登場する作品はほとんど描いたことがありません。
男同士のバディものや、子供だけで冒険する話や、女の子ばっかりで戦う話は描いてきたんですけども。

また、男がメインの話に登場する女性は、あまり可愛らしく描けませんし、逆もまた然り。

これが大きな課題であり、コンプレックスになっていました。

デザインを統一させることは、僕にとってはとても難しいことなんです。

なぜ取り組むことにしたのか

それは、前回記事にした「これまで感覚でやってきたことを、根拠に基づいてやろう」と考えたことです。

この場合、根拠というのは、僕が描くときに使っているひとつひとつの技術や知識です。
ここにこれを使っているから、こっちにも同じものを使おう。
そうしたらお互いの雰囲気を近づけられて、今よりも違和感を小さくできるんじゃないかと思ったのです。

そして、これができるようになったら、前述の苦手意識やコンプレックスを克服できるんじゃないかと、希望が湧いたんです。

具体的にどうやるのか

まずは、同じタイプの、男バージョンと女バージョンを描くことから始めてみます。
例えば、同一人物の性別入れ替えバージョンや、同じ衣装を着た男女といった感じです。
練習ですから、顔だけとか目元だけとか、そんなのでも良いと思っています。

そういうことをしながら、少しずつ自分の絵の特徴を把握していけたら良いなと、これは希望なんですけども(笑)。

なんにせよ、いくつか描けば何かしらわかることがあるでしょうから、そしたらまた考えます(笑)。

久しぶりに練習っぽい練習をするので、ちょっとワクワクしています。へへへ。

やっと気づいたこと

こんにちは。
朝一番に、待ってた荷物が届いてテンション爆上がりでヤル気MAXになったKei Alexです。
着替えてる途中だったんで、慌ててそこらにあったパーカー羽織ってファスナー一番上まで上げて、「これが僕の普段のスタイルです(・ε・)」みたいな顔して出ました(笑)。

この荷物の話はまた今度します。ふふふ。

今日は久しぶりにお絵描きの話です。
ずっとお絵描きの話をしたかったんですが、色んなことを同時にやっててどこから手を付けたらいいかわからなかったんです。
とりあえず、すぐに忘れてしまいそうな些細な気づきをメモることから始めます。

なんだか違和感があるけど、どう直せばいいかわからない

現在、ヘッダーに使っているイラストについて、ずっと違和感に思っていたことがあります。
それは、向かって左側の髪の毛が、なんだか背景と馴染んでいないような、平面的に感じるような、硬く見えるような……何とも言い表せないけれどムズムズした感じがする、というものです。

f:id:kei-alex:20201029121411j:plain

でも、気にするほどではないような気もするし、やっぱりどこか「ウーン」という感じもするし……言ってしまえばそろそろ替えどきなのかもしれません(笑)。
6月から4か月間よく頑張った!(笑)

色が遠いので近づければ良い

気付いたのが昨日の話なので、気づきたてホヤホヤです。

今回、同系色でまとめているのですが、よく見ると、イラストの左半分は背景と人物の色が離れていて、色と色の境目がハッキリと分かれています。
ちょうど髪の毛の部分。(単純に言うと、緑と茶色)

右半分は、背景の色が黄色っぽいので、肌、髪の毛、帽子と色が近く、まだ自然な感じに見えます。

色と色の境目……つまり、人物の外周を右側と同じぐらいの色の差に近づけてやれば、今感じている違和感が拭えるのだと、気づきました。(そうです、気づいたのです)

そこで、やっつけ仕事ですが早速修正してみました。

f:id:kei-alex:20201029123430j:plain

左側の髪の毛や頭の輪郭が、以前より馴染んだの、わかりますでしょうか?

f:id:kei-alex:20201029125949j:plainf:id:kei-alex:20201029125958j:plain

具体的な処理としては、髪の毛に隣接する背景の色をスポイトで取り、髪の毛に重なるようにブラシで塗っています。
今回は新規レイヤーを作り、設定を「通常」、透明度を55%ぐらいにしています。
完全に背景の色で塗りつぶすのではなく、微妙に髪の毛の色が透けていることで、2色が混ざって複雑な中間色が出るという仕組みです。

髪の毛の色を消しゴムで削っても同じ効果を出すことができますが、僕は保険の意味から、レイヤーを1枚作って上から色を重ねる方法をとることが多いです。

今までは感覚でやっていた

実は今までに、こうしたことがちゃんとできていた作品があります。
ですが、それは全部感覚というか、勘に頼ってのことでした。
「何となくこんな感じだから、こうしてみるか。おおっ、いい感じになったぞ」
そんな感じでやっていました。
行き当たりばったりです。

毎回必ずセンサーが働いてくれて、ちゃんと成功に持っていけるなら勘任せでも良いと思うんですけど、僕の場合はかなりムラがあります。
今回は働かなかったパターン。

なので、理屈というか、ある程度根拠を添えておいたほうが良さそうだと考えました。
あくまで僕の場合なんですけども、根拠ありきでやることは、忘れにくいんです。
何のためにこれが必要で、今やるのか、自分で把握できているから。
勘はですね、何というか、ふわふわとした(笑)、地に足がついていないような、頼りない部分があるんです。
自分なのに、自分で制御きなくて、他人事みたいな感覚になるんです。
それがなんとも頼りないというか、信用できない(笑)。

もしかしたら、僕が自分のことを信用していないせいかもしれません(笑)。
もしかしたら、単に説明できないことがあるのが気持ち悪いのかもしれません(笑)。

繰り返しますけど、あくまで僕の場合ですよ?(笑)

次のステップ

今回のことで、次のステップに進む道筋がチラッと見えました。まだ、チラッとです。

実はずっと悩んでいたものの、全くできないほどでもないから後回しにしてきたことがあります。
その解決の糸口が、今回の件で掴めたんです。

これについては、また次回、記事にしたいと思います。


TOP