Dragon Island

日々是修行。

(追記アリ)iPad対応JIS配列のキーボードを買った

f:id:kei-alex:20160505213029j:plain

こんにちは。
スマホ並みにiPadを使っているKei Alexです。

iPad用のJIS配列キーボードは貴重

僕とiPad proとキーボードの旅は、こうして始まりました。

dragonisland.hatenablog.com

dragonisland.hatenablog.com

簡単にまとめると、僕は日本語配列(JIS配列)のキーボードに慣れていて、英語配列(US配列)では戸惑ってしまうのだけど、iPad向けのキーボードはほとんどが英語配列なもんで、記号類のキー配置が全然違っていて、詰んだってことです。

とはいえ、急ぐ話でもなかったし、呑気に構えて放ってたんです。

それが、久しぶりにAmazonを見に行ったら、通常五千円ぐらいするエレコムiPad対応キーボードが、半額ぐらいで出ていました

あれ、と思って、急いで各所をチェックしに走りました。

エレコムのキーボード

iPadに対応しているJIS配列キーボードはほとんどなく、純正のマジックキーボードなどを除くと、エレコムで出している一部のBluetoothキーボードぐらいしかありません。

他は、iPadに繋ぐと自動的に英語配列として認識されてしまいます。(動作は問題ないから「iPad対応」と書かれる)

そんなエレコムの製品の中でも価格に違いがあって、一番安いのがこちら。

www.elecom.co.jp

基本価格で、5,310円。

これが、現在Amazonで2,400円ぐらいで売っていました。 

コロナのせいか廃盤間近なのか分かりませんが、現在、在庫が少なく、すぐに手に入るのはブルーのみ。
他の大手家電量販店なんかも同様で、黒と白が在庫なし。そして価格もAmazonと同じぐらいでした。

このまま在庫限りで終了しては困ると思い、即購入を決意。
色は唯一在庫していたブルーです。(紺色みたいな暗めの色)

使い心地

軽量薄型が売りだからか、色がブルーだからか、見た目はチープ。
おまけに、本体を軽く振ると乾電池がカタカタ鳴ります。
(そのうち接触不良を起こすんじゃないかと心配しています)

ところがポテンシャルは高く、この製品はミニキーボードに分類されているのに、キーピッチが1.9mmもあり、しかもアイソレーション型でちゃんと隙間が設けられているので、フルキーボードと同じ要領で指をしっかり置いて打つことができます。
肩を縮こませて窮屈な姿勢でチョコチョコ打たなくて良いんですよ!

打鍵感は他のパンタグラフと変わらず、軽くも重くも無く、普通。特筆することが無いぐらい、普通です(笑)。(キーストロークは2.0mm)

iPadで使えるということで何となく特別な感じがしていましたが、2000円台のキーボードと変わらない感じです。(標準価格については、Bluetoothだからお高めと思えば納得)

それから、サイズ感。
横幅はなんと12.9インチのiPad proとほぼ同じです。
つまり、横向きで表示した仮想キーボードと同じぐらいで、僕が使うのに丁度いいサイズでした。

キーについては、左右にShiftがあり、BSはもちろんDELキーも設置されています。しいて言えばアンダーバーがShiftの隣りでなく、ピリオドの下に来ていることぐらいかな。
頻繁に使うキーでないから、僕は問題なかったです。

あとは慣れ。

僕はずっとWindowsを使っていて、そもそもMacの仕様を知りません。(iPadではさらに違うかも)
ファンクションキーがスムーズに使えない問題とかも、調べてみたらWindowsとやり方が違うだけで使える方法があるらしいとわかったり。
Windowsで言う「半角/全角」キー1つでローマ字(日本語)入力と英数字入力を切り替えるのが、もしかしたらCtrl+スペースかもしれないとかも。
ちょっと勉強が必要です。

ともあれ、頻繁に使う括弧や鍵括弧といった記号が、これまでのJIS配列通り打てるのは大助かりです。
これを求めていましたから。

追記

気になっていた矢印キーについて、実際使ってみたらそれほど不便さは感じませんでした!

あんなに騒いだのに!!!!

こうして僕は今年も恥をかき捨てながら、落ち着きなく生きていくのです(笑)。

 

できた。

こんにちは。
今ごろテラフォーマーズにハマったKei Alexです。

虫嫌いなんですけど、めっちゃ面白いです。
異能バトルなんですけど、いつのまにか昆虫図鑑が欲しくなります。

「Early Summer」

f:id:kei-alex:20200607153906p:plain

やっと落ち着いて、ゆっくり絵をかけました。

なぜかearlyの綴りが全然覚えられません(笑)。

経過のGIF

f:id:kei-alex:20200607160753g:plain

今回、アプリで作ったんですけど、アプリ名が入るんですね。
GIFはお手軽で良いです。

習慣のせいか、彩度が高く見えがちです。実際は低いのだけど。
多分、レイヤー効果のせいですね。

はてなブログ

f:id:kei-alex:20200607153912p:plain

背景色の兼ね合いで(笑)。

ゆっくり実況を作ってみた。

f:id:kei-alex:20200518103742j:plain

こんにちは。
今流行りの在宅勤務を取り入れ始めたKei Alexです。
物理面では在宅が良いですが、気持ちの面では職場にいた方が良いですね(笑)。
寂しいとかではなくて、隣の席の人にちょっと確認取りたいだけで電話やメールなどを使うのが煩わしいです。
これは僕の感覚が年寄りだからかなあと思っています。
かといって、Zoomをつけっぱなしにするのもねえ。みんなの顔が一斉にこっちを向いているのは落ち着かないし。(用の無いときは画像に差し替えれば良いのかもしれないけど)

あと、我が家のネット回線が2度不調になりました。
ゴニョゴニョ弄ってすぐに直ったんですが、気になるのでプロバイダに連絡してみたら、伝家の宝刀「たまたまの可能性もあります」をいただきました。
あ、それ知ってる。僕も良く使う(笑)。
そして、これまた良く知っている「とりあえず、今は問題ないということで様子を見ていただいて、また同じ現象が起きたら連絡をください」で決着。
どこも対応は同じなんだなあと思いました(笑)。

さて、そんなわけで、おうちでこれでもかとPCを使っていたので、そのまま週末に突入したついでに「ゆっくり動画」を作ってみました。

去年、ゲームの実況動画を作った。

↓これです。

dragonisland.hatenablog.com

当時はPS4で使える「シェアファクトリー」で編集しました。
作ったらそのままSNSに投稿できるので楽なんです。

上のブログ記事にも書いているとおり、僕はゆっくりボイスの独特の感じ……あのイントネーションが大好きで、自分でも作ってみたいなあと思っていました。

それからなんやかや1年経ってしまったんですが(笑)、今回ようやく腰を上げました。

必要なソフト

ゆっくり動画を作るには、2つのソフトといくつかのプラグインプログラムが必要です。

まず、何はなくとも「ゆっくりムービーメーカー」です。

manjubox.net

それをmp4などの動画データに書き出したり、細かい調整やフィルター加工などを行う「AviUtl」(と、関連するプラグイン

spring-fragrance.mints.ne.jp

AviUtlでmp4に書き出すためのプラグイン「かんたんMP4出力」など。

aoytsk.blog.jp

※これ以外にもいくつかあります。

作業手順は、

  1. ゆっくりムービーメーカーで動画を編集(メインの作業)
  2. ゆっくりムービーメーカーから、AviUtl用に書き出し
  3. AviUtlから、mp4形式に書き出し(数分かかります)

以上です。

導入と設定に時間を食ったぐらいで、作業自体はスムーズでした。
ゆっくりボイスの読み間違いを修正したり、コマのタイミングとボイスのタイミングを合わせるのが、多少手間だったぐらいでしょうか。

完成品

そんなわけで、作ったのがこちらです。


スカイリムのゆっくり動画を作ってみた

もともと2分ちょいだったものが、前後の挨拶と途中のちょっとした時間稼ぎで3分半になりました。

ゆっくり系は現在、クローラーによる収益化停止を次々食らっているらしいので廃れてしまうかもしれませんが、一度やってみたかったので僕は満足です。

今後も、マイクラやスカイリムなど振る舞いの解釈が自由なゲームで、ゆっくり実況を作ってみたいと思っています。

それでは。(・ω・)ノシ

なかなか進まない

こんにちは。
最近で一番無駄に休日を過ごした気がするKei Alexです。
風邪ひいたせいです。

進捗

f:id:kei-alex:20200506140351j:plain

なんだか全然進んだ感じがしないんですよ。
あまり描かない物を描いたり、以前どうやって厚塗りの色を作っていたか忘れていたりで、ちょっと描いては修正して、色が違うと思ってはやり直して、行ったり来たりしています。

同時進行する話

風邪引く前に書いていた、同時進行でいくつかの作品を描いてみるという試みは、良い面と悪い面がわかってきました。

良い面は、取り掛かっている方が何かの理由で行き詰まったとき、気分転換も兼ねて、もう一方を進めることで、作業を完全停止しなくて済むところ。
新たに描く物を考え出さなくても良いのも、効率的だと思います。

悪い面は、一方に取り掛かって集中している間は、もう一方が長期間停止してしまうこと。
学校の授業みたいに決まった時刻で切り替えるのも良いと思ったんですが、もうちょっと、ここんとこまで、とやっているとつい時間をオーバーしてしまいます。
そうやっているうちに、止まっている方は止まりっぱなしになって、全然同時に進行できなくなるので、もうちょっと上手に管理できる方法を考えないとなあと思いました。

作業工程を模索中

デジタルでカラーイラストを描く工程を見直しています。
いろいろ探りながらなんですが、どうもうまくいかないので、今一度、描きやすいスタイルやデザインを振り返ってみようと思います。

 

この時期に風邪を引きました。

こんにちは。
嫌なタイミングで風邪を引いたKei Alexです。

風邪引きました。

普段なら気にしないレベルの症状だったんですが、時期が時期なので仕事を休むことにしました。

最初は、ちょっと喉が痛いなあから始まったんです。
換気で窓を開けまくっているので冷えたかなあ?ぐらいの感覚。
それが先々週の土曜でして、いつも通り出勤してました。
翌、日曜日に喉の痛みと発熱。と言っても、37.2度の微熱。条件として挙げられている37.5度には満たないです。
明日までに下がればいいなあなんて思いながら、葛根湯を飲んで、冷えピタして寝ました。
それから4日経っても熱は下がらず。喉は違和感のみになりました。

かかりつけの病院に電話して、診てもらえるか聞いてみました。
いきなり行って診てもらえなかったら無駄足&ウィルス(風邪かコロナかわからないモノ)をばら撒きかねませんし。
すると、風邪症状の場合は、保健センター電話して指示を仰いで欲しいとのこと。なるほど、問い合わせてよかった。
ということで、すぐに札幌の「新型コロナ一般相談窓口」だかなんだかいう、長い名前の窓口へ。

これが、驚くほど繋がらない(笑)。
笑い事じゃないんですけど、凄いもんです。
僕は微熱だけだからいいものの、高熱で呼吸も苦しいなんて人はさぞや不安でしょうね。
窓口の人も大変だろうと思いました。
ずっと通話中の「プーップーップーッ」あるいは「只今大変混み合って~後ほどおかけ直しください」です。
結局この日は通じず、翌日改めて挑戦。

そしてやっと繋がり、事情を説明することができました。
聞かれたことは、テレビでも報じられていた「熱は~」「海外へは~」「道外へは~」「周囲に陽性の方は~」です。
一つも当てはまらないので、「コロナの可能性は低いと思われますから、かかりつけの病院に"保健センターにかけたらこう言われた"と言って、診てもらってください」と案内されました。

めちゃくちゃ忙しいだろうに、始終とても丁寧に、優しく対応してくださり、僕は、ありがとうございましたと電話を切りました。
一体どこからその余裕と優しさが出てくるんでしょうか。菩薩かなんかですかね。それとも超高性能のAIだったりするんでしょうか。素晴らしすぎる対応でした。

それで再び病院へ電話して、事情を話して向かうことに。
ここの先生は⋯⋯何というか⋯⋯慣れすぎてて横柄な先生で、「風邪ぐらいで来るんじゃねーよ」という態度の人です(笑)。
僕も来たくて来てんじゃねーよと思いつつ、薬局より安いから行きます。
そんな先生ですが、ソーシャルディスタンスなのか、普段なら必ずやる聴診器、触診、喉の確認を一切せず、問診で薬が処方されました。
どっちかというと、さっきの窓口の人より、先生の方が疲れていそうな感じがしました。

もちろんというか、症状的にもPCR検査はなし。
翌日は土曜日だったことからもう1日お休みをもらって、GWに突入した次第です。

結局、熱は日曜日まで安定しませんでした。
丸1週間かかって完治。
どう見てもこれ、普通の風邪っすね⋯⋯。
何事もなくよかったんですが(笑)。

進捗

そんなわけで進捗はこちら。

f:id:kei-alex:20200505122600j:plain

f:id:kei-alex:20200505122537j:plain

目元をごしょごしょいじっていました。
ラフの印象は天真爛漫な感じですごくよかったのに、実際に目を入れてみたら何故かそう見えなくて、どことなく色気が出過ぎていたので、何が違うのか延々見比べていました。
ウケが良いのは上かなあと思いつつ、ぱっちりお目目でキュルンとした感じにしたいので、直しました。
周りがグレーのせいか陰影の彩度が低すぎて血色が悪くなったので、赤寄りにしたりと、細かい調節をしています。

腕の内側に陰影を入れたら急に生々しくなる不思議(笑)。


TOP