Dragon Island

日々是修行。

山本二三展に行ってきました。

こんにちは。
絵を見るのも描くのも大好きでアニメも大好きなKei Alexです。

僕のレビューを始める前に、すでに素晴らしいレビューがあるので紹介させて下さい。

chizurumaro.hatenablog.com

僕がお世話になっているぬり絵アドバイザーのちづる(id:chizurumaro)さんの記事です。
そもそもちづるさんが流して下さった情報で知りました。SNSって素晴らしい。
そんなわけで、とても詳しく、わかりやすくレビューして下さっているので、是非お読み下さい。

さて、僕の方は、ちづるさんの二番煎じで何も書くことがありませんwww
記事にするのにそういう訳にもいかないので、僕なりの目線でレビューします。

山本二三展 2018 in 札幌

パンフを見ると、2011年が初開催で、翌年から全国を巡回しているようですね。
北海道は2度目で、前回は道立帯広美術館で行われたようです。(知らなかった)

作品点数はなんと188点!
アニメーションの背景ということで、1点のサイズは小さめですが、情報量が多いので1点1点が大きく感じられ、見応え十分です。

ショッピングモールの特設会場ということもあってか、会場は2カ所に分かれています。
第一会場でチケットを切って貰い、一通り観覧した後、第一会場の出口を出て、向かいにある第二会場入り口へ進みます。
第二会場でチケットの半券を提示し、中に入る仕組みです。
2つの会場はモールの通路を挟んで設営されているので、第一会場を出た後、一旦休憩を取って、第二会場へ向かう、といった方法を取りやすくなっています。
便利なことに、すぐ近くに食べ物のお店とイートスペースがあるので、探し回ったり、他の館へ移動しなくても済みます。(ショップは入れ替わるのでフロアガイドなどでご確認下さい)

小ささを感じさせない

上にも書きましたが、アニメーションの背景用なので、1点のサイズが小さいです。
どれぐらいかというと、大体B4ぐらい。364mm×257mmのサイズ。大学ノート2ページ分。
例えば『ラピュタ』の通路を描いた場面、『時をかける少女』のポスターにも使われた坂道などは、ほぼB4です。(比率が違うので若干寸法が異なりますが)
もののけ姫』がちょっとだけ大きくて、270mm×382mmぐらい。
もちろん場面によっては、もっと大きく描いたり、(カメラワークのためか)六角形の変形で描かれたりします。

ラピュタ』のあの細かい装飾が施された石造りの構造物や、『時をかける少女』のベランダまで描き込まれた住宅が、大学ノートの見開きに描かれているんですよ!!
もしも壁一面に紙を張って描いていると言われたって、僕は納得します(笑)。

作品ごとに風合いが違う

山本二三さんといえば、ジブリというか、宮崎駿さんとのタッグという印象があります。
未来少年コナン』や『ラピュタ』などの印象が強いからだと思います。

山本さんはジブリ専属ではなく、他にも沢山の作品で背景を描いています。
当然ですが、作品の表現が変われば、背景もそれに合わせて変わります。

例えば『じゃりん子チエ』では、彩度が高く、いかにも「アニメ風」で描かれています。
僕はこれはもしやセル画に直接描いているのかと思っていましたが、他の作品同様、紙にポスターカラーでした。
また例えば『時をかける少女』では、透き通るような「00年代流行」の雰囲気で描かれています。
僕はこれはいよいよデジタルで描かれているのかと思っていましたが、アナログでした。
他にも、デジタル絵本の仕事では、ペンによる細い線と、明度の高い色で、海外のアニメーションのような、柔らかくメルヘンチックな雰囲気で描いていたり、さすがの多彩さです。

あくまでも「背景画」

これは僕の感覚的な話です。

「背景画」は、細かく描いているようで、そんなことはないんだ。
というのが、全体を通しての感想でした。
残念ながら印刷してしまうとわかりにくくなってしまうんですけれど、原画で見るとよくわかるのが、細かい書き込みの部分。
これが、思ったほど細かくないのです。

何度も書きますが、原画の大きさは、およそB4です。36cm×25cmぐらい。
細部まできっちり描こうと思ったら、米粒にお経を書くレベルになります。
これでは到底仕事が進まないでしょう。(※)
かといって、手を抜いて良いわけではありません。
簡略化しつつも、そう見えないようにするためのテクニックが、明暗のコントロールなのだと感じました。
明暗と言っても、描く以上は「色」ですから、正しくは「色のコントロール」と言うべきでしょうか。
山本さんはこれがとても巧みだと思いました。
※パンフレットに掲載されている山本さんのお話によれば、1日に4~5枚、1ヵ月に200枚ぐらい描くのだそうです。

そんなわけで、背景画の作法というか、コツというか、そういうテクニックに触れて感嘆しました。

※もちろん、作品ごとに細部をしっかり書き込まれたものもありますよ。

好きな作品など

僕が好きなのは、
火垂るの墓』「火炎」(イメージボード)、「空襲」「焼夷弾
天空の城ラピュタ』「炭鉱町」
時をかける少女』「ゴーヤ棚」「坂道」
『Coo 遠い海から来たクー』「夜のダイニングキッチン」「コーラルガーデン」
もののけ姫』「木漏れ日」「シシ神の森(5)」「水底と苔」
『歩き屋フリルとチョコレートきしだん』「トレイジャの町」
炎や光や水といった見えるような見えないような、形があるようなないような、そういうものに目が行きます。
それと樹木や苔など(笑)。

驚いたのは、『時をかける少女』の「哲学堂グラウンド」です。
書き込んでいるようで書き込んでいない、絶妙な表現にビビりました。

単純に知らなくて驚いたものでは、背景を描いている紙を切り抜いて、背景画を複数重ねて動かせるようにしてあること。
こういうことはセルに描かないとできないのかと思っていたのです。(一つ賢くなった)

お土産

そんなわけで、今回の戦利品はこれらです。

f:id:kei-alex:20181206200030j:plain

f:id:kei-alex:20181206200046j:plain
パンフレット、ポストカード、(チケットの半券w)、マット付き複製2枚。

原画である意味

原画だと、筆で絵の具を盛っている様子、色の上下関係、手作業ならではの歪み、下書きの跡(窪み)などが、はっきりとわかるんです。
そこから、ほんのりと工程がくみ取れたり、こんな風に描くのだというものをふわっと掴めたりするのです。

これが、驚くことに印刷されると全部消えます
いや、僕も僅かながら印刷の経験があって、良くも悪くも粗が消えることは知っていますが、山本さんのような描き方や、背景画を数枚重ねているようなモノについては、原画とプリントで、ン百倍の差が出るんだなと。
「画集で良いじゃん?」なんてとんでもないです。
画集じゃわかんないから!見えなくなっちゃってるから!!と(笑)。

次に地元で見られる機会がいつになるかわからないので、気になる方は迷わずゴーですよ!

sapporofactory.jp

カウントアップ105-106/200

こんにちは。
初雪遅延が、ついに記録に迫ってきた札幌住まいのKei Alexです。
今週は寒いから降るかなあどうかなあ。
おかげで紅葉は楽しめるけど、めちゃめちゃ暖かいと思ったら、翌朝急に冷えてで、体はへとへとです。
風邪も流行ってる。

カウントアップ105/200

f:id:kei-alex:20181112140345j:plain
唐突に思い浮かんで書き付けたもの。
はやくはやく!と自分を急かしながら描いていました。
的確な表現がパッと思い浮かばなくて、「タイムオーバー」と名付けてツイートしました。

タイムオーバーは和製英語なのでカタカナで書いています。
タイムオーバーを英語でそのまま表現すると、over the time limit。長いですね(笑)。
ところが日本語の「時間切れ」を英語にすると、timeout (time-out)という短い言葉になります。
タイムアウトって日本語でも聞いたことあったわ、って思いだしました(笑)。バラエティ番組とかで。

カウントアップ106/200

f:id:kei-alex:20181112140414j:plain
とにかく目を描きたくて描きたくて(笑)。
蒙古襞を入れ、まなこの外周が完成した段階は、とても怖いです(笑)。
よっぽど写真撮ろうかと思いましたが、一刻も早く逃れたくて手を止めることができませんでした。
二重にしてまつ毛を描いて、やっと美人になりました。

こういう余白の多い構図ではどこにサインを入れていいかわからなくて困ります。
どこに入れても悪目立ちして邪魔くさい(笑)。

今月の予定と目標

こんにちは。
使うタイミングを逃し続けていた服屋のスタンプカード(満タン)を、ようやく利用できてスッキリしたKei Alexです。
以前よく利用していたんですが(スタンプが満タンになるほどw)、移転して通り道に無くなったので、遠ざかってしまったんですよ。
ずっと財布に入れてて、チャンスがあったら使おうと思っていたので、いやぁ、すっきりしましたよ。
(そしてまた新しいカードを貰ってくる無限ループ)

11月の予定

今月は、ちょっと頑張る月です。
以前やった「1か月間1日1枚何か描く」を再びやり始めました

作品づくりの集中力が落ちてしまったので、気分転換を兼ねて。
作品のアイデアとかも書きつけていて、昨日はそれで時間切れになったので、全部を全部公開できないかもしれないんですけども。

そういえば、前回やったときは20日ぐらいでスタミナが切れて、かなり苦しくなってしまいました。
ラソンや筋トレの苦しいところみたいな。
今回も1カ月(30日間)を一区切りにして、限界値を確かめようと思います。
前回のままなら今月末あたりに苦しみだす計算です(笑)。

※作品制作は毎日ではありません。

11月の目標

今月の目標として、生活のリズムを整えるというか、作るというか、そういうことを目指しています。
毎日何か描くのもその一環で、いつの間にかダラけてしまった生活を引き締めたいのです。
やりたいことを我慢したり、予定を詰め込むのではなくて、要らない時間をお絵描きに充てるということです。

これも以前やったことがあります。
そのときは、結構な時間を確保できるようになりましたし、行動することに抵抗がなくなりました。(前回は習慣づけるのが目的だった)
それでも、いつの間にかダラ~っとしてしまうのが僕です(笑)。

腰が痛かったり、疲れてしんどかったりして、以前とはまた条件が変わりましたから、今の自分に合ったリズムを作るには少し時間がかかるかもしれません。
だからあくまで月内は目標ということで。

カウントアップ(104/200)

f:id:kei-alex:20181109140815j:plain

11/7分。
これぐらいやるなら、トーンの変化はもう少しなだらかにした方がいいね。
これで15分ぐらい。

実験(11/8分):
Orenzの0.2ミリで、今取り組んでいる絵のラフを、いつものクロッキー帳に描いてみたら、すんなり収まりました。
恐るべし0.2ミリ。
自重だけで描けば、さほど紙を彫らなくて済みそうですが、やっぱり画用紙みたいに厚い紙には厳しいです。
(作品が完成したら公開します)

色辞典36色セレクトセット

こんにちは。
最近グミやラムネやマシュマロやたまごぼーろなど、子どもの頃よく食べたお菓子が再び食べたくなっているKei Alexです。

今回はトンボ色辞典のセレクトセットのレビューです。

買いました

これです。

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 セレクトセット 36色 CI-RSA36C

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 セレクトセット 36色 CI-RSA36C

 

www.tombow.com

今回のセットはとても凝ってまして、色鉛筆画家の河合ひとみさんが監修。セット内に河合さんのテクニックを凝縮した、ミニ活用辞典が付属しています。

そのほかにも、特設サイトではイラストレーターのnodekoさんによる体験レポートが読め、nodekoさんのイラスト線画がダウンロード可能!太っ腹ですね!

いざ開封

f:id:kei-alex:20181028162220j:plain
f:id:kei-alex:20181028162244j:plain
f:id:kei-alex:20181028162257j:plain
f:id:kei-alex:20181028162324j:plain
外装とセット内容はこんな感じです。

f:id:kei-alex:20181028162822j:plain
色鉛筆、

f:id:kei-alex:20181028162922j:plain
河合ひとみさんの解説ミニ冊子、

f:id:kei-alex:20181028162936j:plain
そして自分で塗って作る色明細書。

試し書き

f:id:kei-alex:20181028163404j:plain
筆圧ではなく、同じ場所を何度も塗り重ねて濃くしています。

新色はこの10色。
左上から縦に、
烏賊の墨色(Sepia)
緋色(Scarlet)
卵色(York Yellow)
木賊色(Scouring Rush)
深海(Deep Sea)
山葡萄(Wild Grape)
牡丹色(Peony Pink)
アネモネ(Anemone Pink)
小豆色(Russet Brown)
銀鼠(Silver Gray)
です。
アネモネと牡丹色だけ入れ違ってしまいましたが、パッケージに記載されている順に試しました。
そのため、ナンバリングがバラバラです。

感想

鉛筆削りと、自分で塗って作れる色見本が付いているのが嬉しいです。
自分で塗ると、自分の普段の筆圧なので、感覚とズレが起きにくいですからね。

このセットは特にバランス良く色が組み入れられているので、これだけで十分だと思います。
これから始める人は、迷わなくて済むので便利だと思います。

僕は、色辞典について芯が硬いと思ったことはなくて、ティッシュでも良くぼかせるし、重ね塗りも楽だと感じます。
ポリクロモスやホルベインアーチストに比べれば硬いですけども、単価120円(2018年10月現在)で、この色数、色の内容、塗り心地は、トップクラスだと感じます。

新色については、ありそうでなかった「烏賊の墨色(いかのすみいろ)」、「緋色(ひいろ)」、「銀鼠(ぎんねず)」などが入って、ついに完成したという印象です。
どの色も魅力的で、さすが色辞典!と思いました。

付属の冊子は、河合ひとみさん流の初心者講座になっています。色鉛筆の扱い方、塗り方の基礎の基礎、リンドウを題材にした手順のレクチャーが掲載されています。
書籍を出している方なので(僕も持っています)、読んだことがあれば特段必要ないと思います。
初心者さんは目を通して損はありません。

あ、パッケージは鉛筆削りが入っている分、幅があって、ちょっと嵩張ります(笑)。本棚に塗り絵やスケッチブックと一緒に立てかけておけますが、平置きするには大きすぎるかな(笑)。

ではまた!(・ω・)ノ

トンボNQ36色セット(布ケース)

こんにちは。
久しぶりに何の予定もない休日だったので、一気に色んな作業をしたKei Alexです。

しばらく使う予定がなくなったのでPCクーラーを退かしたら、外付けキーボードのケーブルがPCにぶつかって微妙に使いづらくなりました(´・ω・`)
キーボードの脚を立てれば回避できるんですけど、手首に負荷が掛かって疲れるんですよね……上手くいかないもんだなあ。

ともあれ、本日はトンボ鉛筆の色鉛筆「NQ」の、36セット布ケース版のレビューです。

トンボNQ

トンボのNQというのは、これです。

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

 

割とどこでも売られている学童用の色鉛筆。黄色いカンカンが目印です。
最高で36色です。
バラで売っているお店もあります。

僕はこれのエコ製品版である「木物語」の方を持っています。
木物語は最高で24色セットです。

公式サイトのカラーチャートを見たら、24色セットに入っていない、残りの12色がとっても気になりまして(笑)、いつか36色セットを買おうと思っていました。

そんな折、発売されたのがこちらです。

ロールケース入色鉛筆 NQ【36色セット】 CR-NQ36C

ロールケース入色鉛筆 NQ【36色セット】 CR-NQ36C

 

布製のロールケースに入ったタイプ。

実は買ったのは今年の2月頃ですw
限定品かと思って直ぐに買ったんですが、今でも普通に売られているので新しいレギュラー商品だったんでしょうか…。

いざ開封

f:id:kei-alex:20181028151003j:plain
f:id:kei-alex:20181028151038j:plain
薄いウレタンが噛ませてあって、芯が折れたり、ケースの生地が汚れるのを防いでくれています。
一旦ウレタンを外した僕でしたが、少しでも綺麗に使おうと思って再び噛ませました(笑)。

新色はこちら。(飛び出している12本)
f:id:kei-alex:20181028151329j:plain
左から、
あいいろ
うすあお
あおみどり
なんどいろ
ときわいろ
まつばいろ
あかちゃいろ
れもんいろ
べにいろ
うすべにいろ
ふじいろ
ふじむらさき
の12色です。

それぞれ、下のような雰囲気の色でした。
f:id:kei-alex:20181028151630j:plain
写真は若干青みがかっていて、「うすべにいろ」などはもう少し黄色みがかった色合いです。

感想

NQの塗り心地は、僕は嫌いじゃなくて、色鉛筆と言えばこんな感じだろうと思っています。
ただ、「れもんいろ」と「ふじいろ」に関してはもの凄く硬かったです(笑)。ロウが多いと硬くなるのかなあ? テカリは少ない印象なんですけどね。
試し書きは、筆圧ではなく、同じ範囲を何度も塗り重ねて濃くしています。

このシリーズでは、青みがかった赤系の色がありませんでした。
「うすべにいろ」なんて桜の花のようにやや青みがかった爽やかな色かと思ったら、「べにいろ」に白を混ぜて文字通り薄めた感じの、暖かい色合いです。
「れもんいろ」も、青みがかった黄色ではなく、全く「明るい黄色」でした。

24色に入っていない12色は、どれも大人っぽい落ち着いた色で、悪く言えば地味。なるほど子どもが使いそうな24色セットには入らないはずです(笑)。
発色はさすがのトンボさんでとてもよく、頼もしい品質です。

おまけ

f:id:kei-alex:20181028150920j:plain
パッケージ裏はこんな感じ。
予備のポケットがあるよとか、小物を留めるゴムバンドが付いてるよとか、機能面のアピールがあります(笑)。
海苔巻きのようにくるくる巻いてみた感じ、しっかりグリップしてくれて中で鉛筆が動くことはありませんし、太さもそれほど太く感じません。
ひとつ難点があるとしたら、6本ずつポケットに入っているので、巻きはじめなどにガチャガチャ動いてしまうことでしょうか。
しっかり押さえて巻けばなんと言うことはありませんけれど、くるくるくる~とは行きませんので、ロールペンケースを初めて使う人はちょっとだけ気をつけると良いと思います。
箱に入っているときのように、三つ折りにすると簡単です。

ではでは(・ω・)ノ


TOP