Dragon Island

日々是修行。

iPadで、ちゃんと描いてみる。

こんにちは。
夜な夜なiPadを抱えてゴソゴソしているKei Alexです。

久しぶりに落書きじゃないやつ

f:id:kei-alex:20200409094251j:plain

ここで時間切れ。また次回。

作業環境と出来栄えの比較

道具とアプリは以下の通りです。

  • iPad Pro+Apple Pencil 2
  • メディバンペイント(無料)

本体を左手で支えながら、抱え込むようにして描いています。
描いた結果は上の通りで、描き心地や操作感などもとても良いです。

ここで、以前描いた、似たような表現の作品と比べてみます。

f:id:kei-alex:20170204020645p:plain

PC+板タブ、SAI(有料ソフト)

僕自身では、特段、メディバンが見劣りするようには感じません。(荒れて見えるのは縮小して保存したから)
凄いですね、今の無料アプリの性能って。

メディバンで主に使っているブラシは4つです。

  • ペン
  • 水彩
  • 水彩(ウェット)
  • ぼかし

メディバンの水彩ブラシは、SAIやクリスタの筆ブラシのような描き味で、厚塗りにも使えます。

作画手順は、ひたすら線を整えていく方法です。
必要に応じてレイヤーを分け、一つ前の線画をアタリ代わりに使っています。(SAIの作品でも同様でした)
※これがめちゃくちゃ面倒臭いので、何か考えないとなあと思っています。

筆圧感知の設定は高めにしています。ちょっと力を入れただけで線が太くなります。
無意識に手に力が入るので、それを防ぐための設定です。線が太くなれば気づくので。

ツールパレットは、上に大分類の機能、左にブラシ設定など小分類の機能、右にレイヤー一覧を置いているんですが、左右は逆にした方が良さそうです。
板タブでは気にならなかったんですけど、ipad(≒液タブ)では、利き手側に、ブラシなど頻繁に切り替えるツールパレットがあった方が、圧倒的に使いやすいです

作業時間とか

夜9時ごろから描き始めたんですが、没頭して、気づいたら零時を回っていました。時計を見た最後の記憶は10時半です。
本体にしてもアプリにしても、探り探りやっていたので余計に時間がかかりました。
これは、慣れたらもう少し早くなると思います。

物理的な問題

アナログの癖で、左手で本体を支えながら膝の上で描いていたんですが、長時間同じ姿勢だったこともあって、作業を終えるころには親指の付け根と手首と肩甲骨がバキバキになっていました
左側だけ。

640gを侮っていましたよ(笑)。
クリップボードやスケッチブックより重いことを忘れていました(笑)。

また、手の平を画面に乗せて支えていることで、ペンも真ん中より下(ペン先側)を持ってしまい、ダブルタップでペンと消しゴムを切り替えるジェスチャーが上手く認識してくれないことがありました。(「短く持つ」と言った方が分かりやすいでしょうか?)
感知してくれる範囲は広いのですが、没頭するうちに画面との距離が近くなるクセがあることもあって、ついペン先近くを持ってしまうんですよね。

腕ではなくて、膝に乗せて体育すわりみたいにして作業したらいいのかなあ?
でも服の上に置くと滑るんですよねえ。(カバーはまだ無い)
※机の上に置くという選択肢はありません。

滑ると言えば、Apple Pencilも滑ります。
ツルツルではなくサラサラなんですが、手触りが良い代わりに、滑ります(笑)。
これは、アップルペンシルにもプニュグリップを着けないといけないかなあと思っています。
装着位置を少し上にすれば、短く持たずに済むかもしれないし。
上手いこと切り込みを入れれば、装着したまま充電できそうなんですよね(笑)。

それでも、板タブではしんどかった右手の負担はなかったので、効果はあったみたいです。

直感的にズームや回転を使えるの最高だ!

iPadで絵を描くことに関しては、これが一番助かっています。
キャンバスのズームと回転が2本指でできるんですけど、これがめちゃくちゃ楽です。(それでいて、パームリジェクションという機能が搭載されているので、手のひらを置いても誤作動しないようになっている!)
ただ、僕はよく勘違いして、本体を物理的に回転させようとしてしまいます(笑)。
画面が回転して「あっw」てなるので、回転をロックしておけばいいのかな。
いや、でも、他のアプリが使いづらくなるな。
アプリ側で設定できないのが厄介ですね。

使い方がほぼほぼスケッチブックです。
筐体を回転させるか、自分が回転するか(笑)。

画面のタテヨコとキャンバスのタテヨコが揃っていないと、ちょっと気持ち悪い感じはします。(縦向き画面で横長の絵を描くと変な感じがする)
これは板タブの時には感じなかった感覚です。
本体を手に持っていることもあって、五感と密接にリンクしているせいかもしれませんね。

Apple Pencilが利かなかった話の続き

最後に、先日書いた「Apple Pencil 2が認識しなくなった?」という話について。

dragonisland.hatenablog.com

はっきりした原因はわかりませんが、今回は普通に使えました。

接続が調子悪かったのかもしれません。
今後も起きるかもしれないので、注意深く様子を見ていきます。

128GBで良かったかな…?笑

こんにちは。
ipadを横向きに構えると、ちょうどスピーカーを隠してしまってしょんもりしているKei Alexです。
左に動画、右に作業画面でやるとですね…やるとですね……!(笑)
ちょ~~~ど、支えやすい位置なもんで、ついそこに手をかけてしまうんです。クセですねえ。

全部ドックに入った

f:id:kei-alex:20200407220617j:plain

はい、ドン。

これが現在のドック構成です。(デッキ構成みたいに言う)
ブラウザ、動画、お絵かき、ノート、ストア、写真、電卓、設定。(右端の二つは「最近使ったアプリ」です)
これらは、頻繁に呼び出して切り替えたり並べたりするので、ドックに入れました。
上限が15個だったおかげで、全部入りました。(12.9インチの特権)

作業中にドックだけ呼び出して、タップで起動、スワイプでスプリットビュー(横並び)と使い分けられて、こんな便利なことはありません。
スバラシイ!

現在、ホーム画面にはマイクラとポケ森を置き、他は優先度別にフォルダに入れています。(ほとんど使わないアプリばっかり)

ホーム画面も広々として、壁紙がよく見えます(笑)。

ブラウザ版を使う

スマホと違ってiPadはブラウザが使いやすいので、ブログやSNSはブラウザ版を使っています。(はてなブログもブラウザ版を使っています)
このため、スマホよりもアプリの数が少なく済んでいます。
これは良い意味で想定外でした。
それと、僕の場合、スマホipadを完全に使い分けていて、連絡関係はスマホとPCで行っているので、その手のアプリも入れていません。

ストレージが余りまくっている

そんなわけで、ストレージが思ったよりもずっと、余りまくっています
画像がいくつかあるので多少は増えましたが……1点あたり1MBも行かないですからね(笑)。

画像とかが増えても良いように、重いアプリを入れても良いように、と256GBにしてみたんですが……128GBでも良かったかもしれません(笑)

iPad ProにWindowsキーボードを繋いでみた。

f:id:kei-alex:20170215172754j:plain

こんにちは。
普段はWindowsを使っているKei Alexです。

今回は、iPadでの文字入力について少しでもラクをしたいと思って、キーボードを繋いでみました。
スタンドと、USBの変換器を買ったので。

思ったよりラクじゃなかった

全然別モノですね!!

iPadだからなおさらかもしれませんが、初めて触った学生時代から、かれこれ20年……すっかり体に染みついているWindowsのキー操作が、ほとんど通用しません(笑)。
括弧を一つ入力するにも、Windowsではshift+8、または9だったのが、Macではshift+9、または0で、一個右にズレることを、今、初めて知りました
鉤括弧の位置も違う。「+」が「たす」や「プラス」の変換以外にどうやって出すのかわからない……。
もちろん、Windowsの日本語用キーボードには括弧などの記号が印刷されています。これがまた混乱する(笑)。
これは……時間かかるぞ……。

あと、悲鳴上げそうになったのは「ライブ変換」という奴
楽しいけど何だこれ(笑)。こんなの初めて(笑)。楽しいけど!!(笑)
まったく、キーを打つだけでこんなに書くことがあるって、一体どういうことなのか、僕にもサッパリわかりません!

※ライブ変換はググって調べて解除しました。面白いけど確定のタイミングを間違えそうです。めちゃくちゃ面白いけど!!

正直なところ、キーを打つ動作は楽になったけれど、迷子具合は仮想キーボードとどっこいです(笑)。

それから、Windowsキーボードの一番上についているファンクションキーは、全く効きません
ひらがなカタカナの変換は、現在、スペースキーで変換候補を出して打っています。
英数字とかな入力の切り替え方は調べて把握しました。まさかCaps Lockだったとは…。これはWindows版でも「英数」って書いてあるからわかるっちゃわかる。

あんまり違うもんで、ずっと笑ってます。

入力デバイスと画面が離れるのはイイ

これはやっぱり良いです。
打つのが楽だし、見るのも楽。

多少、記号類を打ち間違ったりファンクションキーを押して「あ゛あ゛っ!」ってなるのを受け入れれば、打ちこみの速度と負担は格段に改善します

あと、shift+矢印で範囲を選択できるのはとても助かります。ここはWindowsと同じでよかったです(笑)。
ロングタップ→「選択」をタップ→範囲指定、という流れが全部カットできますから。

使うならMac用キーボード

いずれにしても、中途半端に慣れた状態が一番混乱しそうだなあと思いました。
なにしろ、職場はWindowsだし、自宅用もWindows
Mac打ちにはある程度までしか慣れないだろうし、もし完全に慣れたら、それはそれで職場の入力に支障が出そうです。それは困る。
ここはあえて仮想キーボードを貫くか、どうしても物理キーボードが欲しければ、せめてMac用を買うのが良いかな。
少なくとも、Windows用のキーボードをiPadMacに流用するのは厳しいと感じました。

そして、とことん使いこなすなら、職場も自宅も全部Macじゃないとってなりますね。
互換性は言うまでもありませんが、キーボードでもこれだけ違いますから。

普段Macを使っている人なら、こんなの全く気に留める部分じゃないと思うんですけど、Windowsから流れてくると、「おおおっ!?」ってなります。

あ、今、プラスマークの位置、見つけました。ひらがなの「へ」のところですね。shift+「へ」(0の2つ右隣)。

今回のキーボードには、英会話通ってた頃、日本語の会話に英語で返事しそうになったりしたときのことを思い出してしまいました。
本当に使いこなそうと思ったら、日本語(Windows)を一旦捨てて、英語(Mac)をメインに使う生活をしないと難しい。
それをやっても生活の基盤が日本語(Windows)である限り、英語(Mac)は中途半端にしか身につかないだろうな、という感じです。

まとめ

試しに繋いでみた結果、文字を入力するのは確かにキーボードの方が楽でした。

キーボードを繋いだ状態で、文字と手書きを切り替えるのは、かなり億劫でした。

ブログを書くなら、キーボードを繋ぐのが良さそうです。

記号をたくさん使う文章は、キーボードでない方が楽かもしれないと思いました。

ハードウェアキーボードを使うなら、Mac用にした方が混乱しにくいと思います。 

というわけで、僕の場合、ブログを書くときだけキーボードに繋ぎ、それ以外の作業では仮想キーボードで打つことにしました。

iPadを使って1週間のメモ

f:id:kei-alex:20180208122057j:plain

こんにちは。
毎日ずっとiPadを使っていたら、さすがに疲れてしまったKei Alexです。
キーボードも繋げたいけど、それよりスタンドが欲しいですね。文字を打つとき姿勢がちょっとつらいです。

Apple Pencil 2が認識しなくなった?

以下の条件下で、Apple Pencil 2で描画できなくなりました。

  • iPad Pro第四世代 12.9インチ
  • 次のアプリで筆圧感知を有効にしている
    • メディバンペイント
    • アドビフレスコ
    • アートレイジ

いずれも、筆圧感知が初期設定の状態で、描画できず。
筆圧感知を最高値にすると、ようやくうっすら描画できる。(ペンの太さに関わらず)
でも、かなり力を入れているので、この状態では描きたくない…。
当然ながら、指ではしっかり描画できる。

GoodNotes5では反応するので、筆圧感知一点に限った症状かなと推測しています。

が、とりあえず時間と心に余裕が無かったので一旦諦めて放置します。

(こんなことがあった記録に書いて残しておきます)

ゲームは主にポケ森

ポケ森で遊んでいます。

ほとんどスマホなんですが、iPadの大きな画面で遊ぶと色々新鮮で面白いです。

3時間ごとにエリアが更新されるので、かなりのんびりプレイしても余裕があります。
昼夜に関係なく生き物を採集できたり、施設を利用できるのも助かっています。
初代どう森は夜利用できない施設があって困ったものですが、あつ森はどうなんでしょう?

イクラPS4コントローラーを繋いでから

ipad用に提供されているリモートプレイアプリを入れて、繋いでからだなあと思っています。

PS4 Remote Play

PS4 Remote Play

  • PlayStation Mobile Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

apps.apple.com

どっちみち、画面からちょっと離れないと厳しいです。
腕が3mぐらいあったらいいんですけど(笑)。
そもそも久しぶりにスカイリムを(PS4で)遊んだら見事に酔いましたから、距離の問題じゃないかもしれませんが。
FPS型ゲームは体調がダイレクトに影響しますね…。(疲れていました…)

動画を大画面で見る

タイミングが悪くて、ちょうどネットの利用が増えたことでサーバーダウンを防ぐためにと、Googleなどが動画の画質を落として配信しているもんで、大画面の恩恵があまりなかったりします(笑)。

でも、小さいテレビって感じでとても楽しいです。
PCと違ってモニターだけなので置き場所に困らないのがすごく良いです。

ただ、スタンドは必要(笑)。絶対必要。

タイピングはやっぱりキーボードが良い

こればかりはね(笑)。
仮想キーボードをタップするのも、特段悪くはありません。
レスポンスが良いのでサクサク打てます。
それでも、長年PCでタイプしてきた習慣で、モニターとタイプする手の位置の違和感はどうしてもありますし、ちょっとした操作がやりにくくて、バチバチタイプするならキーボードの方が便利なのかなあと思っています。

ちょっとした操作の例:
・カーソルの移動(長押しで可能。だが、上手くコントロールするには拡大しないといけない)
・文字列の選択(同上)
・選択範囲の維持(他をタップすると即座に解除されるので、ブログ編集で機能アイコンが利用できない。これはキーボードでも無理かもしれない)
・英数字、半角全角等の変換(Windowsで言うところのファンクションが無い。F7~F10大事)

ただですね……タイプと並行してペンで手書きするとなると、キーボードはかえって邪魔ではないかなあ?と心配でもあります。

PS4からスクショを移すこともあって)USB変換機を買うのは確定ですから、実際やってみてからですが、このへんの取り回しが上手くいかないとストレスになりそうです。

手持ちのキーボードは全部USB接続(無線もUSB式)なので、いよいよ邪魔臭いとなったらbluetooth式の小型キーボード(折り畳みかなあ)を1個買うことも検討しています。

ただ少なくとも、キーボード付きカバーや、キーボード付きスタンドの類は買いません。

結論

まずは! 早急にスタンドを!
可及的速やかにスタンドを買わねば!!!(笑)

現場からは以上です(笑)。

iテキストで打った長文を、Good Notes 5に貼り付けてみた。

こんにちは。
iPadの使いやすいスタイルを探っているKei Alexです。

1冊のノートにまとめたい

そもそも僕がノートアプリを使おうと思ったのは、テキスト、手書きの注釈、画像……といった異なる要素を一つのページ(キャンバス)の中でレイアウトして、見やすくまとめたかったからです。

「見やすい」というのは、「後から見直す」という前提があって、つまり、アプリなりツールなりを長期的に利用することでもあります。

そうなると「使いやすさ」が重要で、アプリ自体の操作性や機能はもちろん、「複数のアプリをどうやって組み合わせて、活用するのが便利だろうか」というのも大事になります。

というわけで、僕は「Good Notes 5」(有料)と「iテキスト」(無料)の2つを使うことにしました。

それぞれの使い勝手は以下の記事に書きました。

dragonisland.hatenablog.com

dragonisland.hatenablog.com

早速やってみた。

PS4で遊んでいる「スカイリム」というゲームについて、自分用にアレンジした「最強装備作成チャート」を作ってみました。

f:id:kei-alex:20200403100849j:plain

こんな感じ。汚い字ですが読めますか?(笑)

iテキストで打ちこんだ文書をスクショして、トリミング。
それを、あたかも「切って貼った風」に装って貼り付け。
Good Notes 5の蛍光ペンでマーキングしたり、手書きで注釈をつけたりして、完成。

※この図解自体もGood Notes 5で作っています。

見やすさや手間など

見やすさはご覧の通り。
あえて書くと、異なる見た目の要素を組み合わせることで、直感的かつ瞬時に判別でき、華やかさや親しみやすさを備え、後から見直す際、ストレスを感じない程度には愛着が生まれました。

一方、作業の負担に関しては、基本的に適材適所が効いていて、文書作成はiテキスト、スクラップはGood Notes 5と綺麗に分けられるので迷わなくなりました。
また、どれをテキストで打ち、どれを手書きにするかも、ルール化しやすくなりました
(今回の例では、手順や目的などの情報はテキストで、実際にプレイしたときの感想や記録などは手書きにしています)

強いて言えば、テキスト部分は画像データなので、その場ですぐに修正することができないというデメリットがあります。
ですが、そこはiPad Pro。
アプリの呼び出しが容易で、スプリットビュー機能も使えるので、思い立った時にすぐさま行動でき、尚且つレスポンスが早いため、今のところ負担を感じません。
特にスプリットビューはバリバリ使っています。

まだ試していない部分では、「ゲーム画面のスクショ」を何でやり取りしようかが残っていますね。
これは、現行のiPad ProにはType-Cポートがあるので、市販のType-C←→Type-A変換器を使ってUSBメモリでやり取りしてみます
よほど面倒に思わない限り、これが一番確実かなあと思っています。
Twitterを経由する方法、ブラウザーからフリメやクラウドを経由して扱う方法などもありますが、TLやクラウドのストレージ管理、メールの受信ボックスの整理など、これらの方が手間に感じそうです。

まとめ:望んだとおりの「ノート」が手に入った

こうしてやってみて、改めて僕が理想とする「ノート」が手に入ったと感じました。

「こういうことをしたかった」ということが、ストレートにできる。
これがどれだけ気持ちいいか、伝わるでしょうか(笑)。

これでストレスなくまとめノートが作れます!ヽ(>∀<)ノ


TOP