Dragon Island

日々是修行。

『檸檬』

f:id:kei-alex:20161118161826j:plain

こんにちは。
ポケ森が秋のカラーリングになったおかげで、梨の実が見づらくなったKei Alexです。
色がとても似ているのです(笑)。

こういうのは老眼の域かもしれないと勝手に解釈して、注意深く気に留めるようにしています。

歳をとって、自然の摂理による衰えを感じる機会が増えてきて、少しずつ、色んなことを諦めなければいけなくなってきたのですが、それが今の僕には、想像したよりもずっと楽な気分でした。

こんなにのんびり構えていられるのは、現在、色んな商品やサービスが生まれていて、お金こそ必要ですが、自分が頑張らなくても生きていけるからです。
40年前の40歳は、こうはいかなかったです。
ほとんど全部自分でやらなければいけませんでしたし、サービスを受けられる時間も今よりずっと短かったです。

そういうわけで、早々と隠居ジジイのごとくのほほんと生きています。

前置きが長くなりましたが、今回は、今週のお題「読書感想文」です。

梶井基次郎檸檬

こちら、青空文庫で読めますので、気になった方はどうぞ。

www.aozora.gr.jp

僕はこれがとても好きなのです。

とても短い文章で、ちょっとした、一時の妄想をそのまま書いたような、今でいう同人SSみたいな雰囲気がする小説です。(もちろんしっかりした作品なんですよ)

そういうニオイがするので、僕はこれが好きなのかもしれません(笑)。

梶井基次郎という作家を、実はほとんど知りません。
檸檬以外に読んだことがなく、いつもこんな調子なのか、たまたまこの作品がこうなのかもわかりません。

でもこの作品は好きで、それは僕が隙あらば妄想を巡らせる習慣があるからだと思います。
勝手な親近感です。

この『檸檬』は、ちょっとアンニュイな雰囲気を醸し出しつつ、実際は愉快な空想を展開して、ちょっとスッキリしたという一連の遊びが綴られています。

主人公は、その日、不吉な気持ちに襲われて、気分転換に外出します。
こんなところに行きたいなあという妄想を膨らませながら歩いていると、とある店先が目に入り、珍しく「レモン」を買って、香りや冷たさを味わっていました。
それからも様々な記憶が空想と結びつき、気分が上がってきた主人公は、ふとした気持ちから書店「丸善」に立ち寄ります。
ところが入ってみて、コレジャナイと気づいた主人公は、あれこれした末に、棚から本を抜き出し、それを次々積み上げていきます。買うでもなく、中身を確かめるでもなく、積み上げるためだけに抜き出し、表紙の色の組み合わせが気に入るまで入れ替えて、「そうだそうだ」と懐にしまっていたレモンの存在を思い出し、それを本でできたタワーのてっぺんに乗っけるのです。
レモンを飾って完成したブックタワーにしばらく見入っていた主人公ですが、ふと、あることを思いつき、そっと書店を後にします。
作り上げたブックタワーはそのままです。
そして、自分の妄想に微笑みを浮かべて去っていくのでした。

おわり。

檸檬』のここが好き

一見すると、ちょっとアレな男が本屋で悪戯してコソコソ出ていき、ニヤニヤしながら立ち去るという、ろくでもない話に見えます。
時代に関係なく怒られ案件ですよ。

僕が『檸檬』を好きなのは、主人公の頭の中が面白い……興味深いからです。
空想の極めつけ、「丸善の棚へ黄金色に輝く恐ろしい爆弾を仕掛けて来た奇怪な悪漢」という一節は、何度読んでもつい笑ってしまいます。
レモンを爆弾に見立てて、それが「もう十分後にはあの丸善が美術の棚を中心として大爆発をする」ことを想像して、主人公は笑ってしまうわけですが、そこで僕も一緒になって笑ってしまいました。

ありえないんですよ?
レモンは爆発しないし、仮に破裂しても「丸善」は「粉葉(こっぱ)みじん」になったりしません。
現実に破裂したとして、飛び散ったアルカリ性の果汁によって、売り物である本が変色したり、糖分でベタベタになるぐらいです。いえ、これも十分すぎる被害で、今ならネットで大炎上する悪質な悪戯なんですけども。

でも、主人公は、もしもそうなったら「どんなにおもしろいだろう」と思うんです。
それを「聞いた」僕も、そこで「ふふっ」て笑ってしまうのです。
あり得ない、起こりようがないから、面白いし笑うんです。

そんな、小説の中の空想の世界が面白くて、僕は『檸檬』が好きなのでした。

(いや……本当に梶井基次郎が本屋で同じことをしたことがあったのだとしたら、ちょっとアレなんですけど……そこはあの、作家と作品はベツモノってことで……)

あつ森が花火大会なもんで。

こんにちは。
ネットでプロクリエイトを使っている人たちが楽しそうだったので、買ってみたKei Alexです。

じゃん。

カウントアップ 121 / 200

f:id:kei-alex:20200831102639j:plain

土手っぽい部分の幅が狭すぎたですね。Twitterにあげてから気づいたですよ。

描きたいものを描きたい順に、時間が許す範囲で描いたところ、こうなりました。(言い訳)

浴衣の男女、川っぺり、打ち上げ花火で、帰り道風。
良く考えたら花火が終わらないうちに帰る人なんていないよね、と思いました。
めちゃくちゃだ。

他にも街灯や車を描きたかったんですけど、時間切れゲームオーバーです。

間に合わなかったもう一つの要因は、リア充爆発しろと邪念が湧き続けていたからかもしれません。これは言い訳じゃないです。(もっと悪い)

僕がやりたかったこと

プロクリエイトって、アナログ風といいますか、油彩やテンペラやアクリルや水彩といった、リアルブラシの雰囲気をもったブラシが多いんです。
今回みたいに、縁がザクザクしていたり、穴だらけで色の乗らない所が出るような、そういうブラシが、標準で入っているんですよ。
空も一色で塗っているんですが、上手いこと隙間ができて、ニュアンスが生まれました。

こういう、アナログでしか出来なそうな、何とも言えない味わい深いタッチで描けるのが、物凄く楽しいアプリです。
それでいて、レイヤー機能として「スクリーン」や「オーバーレイ」や「乗算」など、一通り使えるようになっているので、つやを出したり色を重ねて混色することもできます。
まさに、アナログとデジタルのいいとこどりのようなアプリだと思いました。

僕はというと、張りキャンバスに、チューブから出したままの絵の具を、そのまま筆にとってわしわし塗りつけるようなそういうのがやりたくて、そこに期待していました。
結果はご覧の通りで、それっぽくなりました。(でも、どちらかというと、ベニヤ板にペンキか何かで描いているような印象かも)

こういうざっくりした描き方も面白くて楽しいです。

アイコン類が大きい

これはアプリだからかもしれませんが、アイコンが大きくてタップしやすいです。
アイコン同士の間隔もそこそこ広くて、間違って隣りをタップするような事故もないです。
また、ツールパレットをタップして現れるブラシやカラーサークルも大きく表示されるので、選びやすいです。(しかもブラシはカテゴリー別に整理されている)

しいて言えば、ブラシサイズの初期値が大きいので試しにポンと置いてみたら、想定より大きくて驚くのが困るかもしれません(笑)。

あとこれは僕のクセなんですけど、PCにしてもメディバンなどのアプリにしても、横向きの画面で作業していたので、プロクリもそんな感じでやってしまうことです。
プロクリ……縦向きにも対応していて、ツールパレットが画面を邪魔しないから、縦長の絵は縦向きで描いた方が何かと作業しやすいと、描き終わった後で気付きました。

他のアプリは縦向きにするとツールパレットが邪魔になるんですけど、プロクリは用の無いときは隠れているので、邪魔にならないんです。
だからわざわざツールパレット分のスペースを考えて、画面を横にする必要が無く、縦のものは縦のまま描けるんですよ。

描き終わってから気づきました。

そういうわけで、感覚的にというか、自然な感じでというか、あるべきものがあるべき状態で作業できるアプリでした。

Procreate

ダウンロードはこちら↓

Procreate

Procreate

  • Savage Interactive Pty Ltd
  • グラフィック/デザイン
  • ¥1,220

apps.apple.com

有料アプリで、お値段1,220円也。(2020年8月30日現在)

正直言って、アナログでこれだけの筆と絵の具とキャンバス買ったらン万円かかるし、他のアプリみたいに自分でブラシ作って登録する手間を考えたら、絶対安いと思うんですよ。

アナログ風のお絵描きアプリはいくつかあるけど、今のところダントツで使いやすいです。

ちな、iPad専用で、AndroidやPC版はありません(※)。(作ってくれ)
iPhone用には、Procreate Pocketというライトバージョンがあります。
エミュレータやらなんやらでもにょもにょすることはできるけど……ね……。

お絵描きが楽しい話。

こんにちは。
運動不足解消に職場帰りに1時間ほど歩くことにしたKei Alexです。
どんなもんかと、何も用意せずに歩いてみたら、見事に汗だく。服も髪もビシャビシャになったので、ひんやりグッズを導入することにしました。
札幌の夜、たった1時間なんですけどね……。

らくがき(カウントアップ 120 / 200)

f:id:kei-alex:20200811110507j:plain
紺色にオレンジで派手な感じにしたかったんですが、コレジャナイ感になりました。
細い線だけで描いたからかもしれません。
なんかネガポジ反転で加工したみたいにも見えますね。普段暗い部分が明るくなっているからかな。(鼻の穴とか目の周りとか)

普段使わない色を使う

ハッキリした補色の配色は、普段あまり使わないです。
同系色でまとめた方が(僕にとって)簡単なので、ついそっちに流れてしまいます。

たまには違うことをしたいなあと思ってやってみたらこのザマなので、これからちょこちょこやって、イイカンジにしたいです。
これ自体は面白くて、上手くいかないままなのは悔しいので。(しかし肝心の結論がフワッとしている)

僕の島には時差がある。

こんにちは。
仕事で疲れ切った心身にムチを打って無人島で駆けずり回っているたぬきの奴隷、Kei Alexです。

やっと抽選が当たって、Nintendo Switchのあつ森バージョンが買えました。
倍率が1倍を切るまで当たらないと思ってたんですよ(笑)。
そうなると来年まで無理かなあと考えていたので、予定より早く遊べることになりました。わっしょい!ヽ(´∀`)ノ

f:id:kei-alex:20200729102947j:plain
この「あつ森バージョン」がめんこくて、欲しかったのです。

予備知識なしで始める

あつ森については、ほとんど予備知識なしで始めました。
よくある「厳選」などは、気にしだすと止まらなくなり限界まで時間をかけてしまうので、一分でも早く始めたかった僕は、あえてその辺の情報無しで出されたものを出されたまま受け取ることにしたのでした。

それで決まった僕の島は、ここ。

f:id:kei-alex:20200803102704j:plain

決め手は、

  • 河口が南側にまとまっている
  • 滝が二つありそう(確信は無かった)
  • 池がある
  • 中央のエリアが広い

でした。

河口が一方にまとまっているのは探索しやすそうですし、滝が最初から二つあれば自分で作らなくて済みそうですし(笑)、中央部分が広いと宅地の確保がしやすそうです。
池については多少遠い気もしましたが、マイクラやスカイリムの距離感を思えば許容範囲でした。

もちろん、島を選ぶ基準は人それぞれで、飛行場の位置だったり、池の形だったり(ハート型や星型があるらしい)、半島の位置だったり、桟橋の位置と長さだったり……色々です。
特に桟橋の長さは、家具を置いて雰囲気を出したり、桟橋周辺でしか釣れない魚がいたりするので、結構大事みたいです。

ちなみに僕は、自分の島の桟橋が長いのか短いのかもわかっていません!(論外)

f:id:kei-alex:20200803104534j:plain

特産品はナシ

フルーツは、初めてナシ(梨です、梨!笑)が当たったので嬉しかったです。
ですが、まさか翌日に早速「はは(母)」からオレンジが送られてくるとは思いませんでした。(結果として、2日目の時点で2種類のフルーツが手に入る)

今作のフルーツは今のところ、モモ、オレンジ、リンゴ、ナシ、サクランボと、旅行先の島で手に入るヤシの実の、合計6種類だそうです。
いずれアップデートでポケ森にあるような、ブドウやライチやレモンが登場すると良いんですけど……。(全くの新アイテムとして、パイナップルとかバナナとかドラゴンフルーツとか、出てもいいのよ?)

花はチューリップ

リアルでもチューリップ好きなんで、これは嬉しかったです。
ただ、仕様なのか偶然なのか、高台にしか植わっておらず、梯子を作るまで取りに行けません。
花に集まる虫が欲しかったこともあって、初日のうちにコスモスを買って自分で植えました(笑)。

花は種から植えると、開花するまで3日ぐらいかかります。
色違い(交配)は、植えた花の並びによって、自然に生えてくるようです。(赤と白を並べて植えたら、ピンクが生えてきました)

なお、花に関しては季節ごとに販売されるので、好きな花が自生していなくてもそれほど困らないかもしれません。

そして、この記事を書き上げてから、店にチューリップの球根が登場しました(笑)。もちろん買いましたよ。

飛行場はオレンジ

オレンジでした。
これに関しては……正直に言って……緑か青が良かったです。(橙、黄、青、緑の4種類ある)
なぜなら、周りの色と同系色で目立たないから(笑)。
景観を壊さないと考えれば、オレンジで良かったのかもしれませんけれど(笑)。

影響するのは外観の色だけで、内装などはどれも同じようです。

まだ始まったばかりでバタついているので、もう少し落ち着いて、施設などが一通り揃ってから離島に行こうと思います。

住人はアグネスとくるぶし

プレイヤーと一緒にやってくる住人は、「アネゴ」タイプと「ハキハキ」タイプだと決まっているそうです。
男女1人ずつ。

僕のところには、アグネスと、くるぶしが来ました。
これは僕にとって幸運でした。
ポケ森を遊んでいて気付いたのですが、体の色が緑色のキャラクターは地面の色に紛れてしまい、小柄なキャラクターはオブジェクトに隠れてしまい、とても見つけにくいんです。
あつ森は住人が自由に動き回りますから、なおのこと、目立つ色と大柄のキャラクターの方が助かります(笑)。

アグネスは黒い体にピンクの服を着たブタちゃん、くるぶしはグレーの体に赤い服を着たサイくんです。
まさに最高の組み合わせでした。

f:id:kei-alex:20200803104030j:plain

僕の島には時差がある

「時間操作」の一種で、僕は現在、昼夜反転を行っています。

どうぶつの森は、本体のカレンダー設定に忠実に従っていて、通常であれば現実と同じ時間の流れになります。
また、ゲーム内の施設にはそれぞれ営業時間が設定されていて、例えばアイテムの売買を行う「たぬき商店」は、朝8時から夜10時まで。1分でも過ぎると使えません。

そこで、ゆっくり遊ぶためにカレンダーの時刻を10時間遅らせ、昼夜をほぼ反転させました
※10時間なのは、自分の生活リズムの都合によるものです。

これを、僕は勝手に「時差」と呼んでいます。

おわりに

恐ろしいことに、ほんの冒頭、スタート時点の話しかしていないのに2000文字を超えてしまいましたので、今日はこれぐらいにしておこうと思います(笑)。

まだまだ書きたいことがあるので、次回もあつ森の話です。(予告)

(追記アリ)iPad対応JIS配列のキーボードを買った

f:id:kei-alex:20160505213029j:plain

こんにちは。
スマホ並みにiPadを使っているKei Alexです。

iPad用のJIS配列キーボードは貴重

僕とiPad proとキーボードの旅は、こうして始まりました。

dragonisland.hatenablog.com

dragonisland.hatenablog.com

簡単にまとめると、僕は日本語配列(JIS配列)のキーボードに慣れていて、英語配列(US配列)では戸惑ってしまうのだけど、iPad向けのキーボードはほとんどが英語配列なもんで、記号類のキー配置が全然違っていて、詰んだってことです。

とはいえ、急ぐ話でもなかったし、呑気に構えて放ってたんです。

それが、久しぶりにAmazonを見に行ったら、通常五千円ぐらいするエレコムiPad対応キーボードが、半額ぐらいで出ていました

あれ、と思って、急いで各所をチェックしに走りました。

エレコムのキーボード

iPadに対応しているJIS配列キーボードはほとんどなく、純正のマジックキーボードなどを除くと、エレコムで出している一部のBluetoothキーボードぐらいしかありません。

他は、iPadに繋ぐと自動的に英語配列として認識されてしまいます。(動作は問題ないから「iPad対応」と書かれる)

そんなエレコムの製品の中でも価格に違いがあって、一番安いのがこちら。

www.elecom.co.jp

基本価格で、5,310円。

これが、現在Amazonで2,400円ぐらいで売っていました。 

コロナのせいか廃盤間近なのか分かりませんが、現在、在庫が少なく、すぐに手に入るのはブルーのみ。
他の大手家電量販店なんかも同様で、黒と白が在庫なし。そして価格もAmazonと同じぐらいでした。

このまま在庫限りで終了しては困ると思い、即購入を決意。
色は唯一在庫していたブルーです。(紺色みたいな暗めの色)

使い心地

軽量薄型が売りだからか、色がブルーだからか、見た目はチープ。
おまけに、本体を軽く振ると乾電池がカタカタ鳴ります。
(そのうち接触不良を起こすんじゃないかと心配しています)

ところがポテンシャルは高く、この製品はミニキーボードに分類されているのに、キーピッチが1.9mmもあり、しかもアイソレーション型でちゃんと隙間が設けられているので、フルキーボードと同じ要領で指をしっかり置いて打つことができます。
肩を縮こませて窮屈な姿勢でチョコチョコ打たなくて良いんですよ!

打鍵感は他のパンタグラフと変わらず、軽くも重くも無く、普通。特筆することが無いぐらい、普通です(笑)。(キーストロークは2.0mm)

iPadで使えるということで何となく特別な感じがしていましたが、2000円台のキーボードと変わらない感じです。(標準価格については、Bluetoothだからお高めと思えば納得)

それから、サイズ感。
横幅はなんと12.9インチのiPad proとほぼ同じです。
つまり、横向きで表示した仮想キーボードと同じぐらいで、僕が使うのに丁度いいサイズでした。

キーについては、左右にShiftがあり、BSはもちろんDELキーも設置されています。しいて言えばアンダーバーがShiftの隣りでなく、ピリオドの下に来ていることぐらいかな。
頻繁に使うキーでないから、僕は問題なかったです。

あとは慣れ。

僕はずっとWindowsを使っていて、そもそもMacの仕様を知りません。(iPadではさらに違うかも)
ファンクションキーがスムーズに使えない問題とかも、調べてみたらWindowsとやり方が違うだけで使える方法があるらしいとわかったり。
Windowsで言う「半角/全角」キー1つでローマ字(日本語)入力と英数字入力を切り替えるのが、もしかしたらCtrl+スペースかもしれないとかも。
ちょっと勉強が必要です。

ともあれ、頻繁に使う括弧や鍵括弧といった記号が、これまでのJIS配列通り打てるのは大助かりです。
これを求めていましたから。

追記

気になっていた矢印キーについて、実際使ってみたらそれほど不便さは感じませんでした!

あんなに騒いだのに!!!!

こうして僕は今年も恥をかき捨てながら、落ち着きなく生きていくのです(笑)。

 


TOP