Dragon Island

Dragon Island

日々是修行。

椅子が快適です

こんにちは。
新しく買った赤軸の押し込み距離がわからなくてタイピングのコントロールが上手く行かないKei Alexです。

椅子を買いました

Amazonブラックフライデーで。
あまり安くなっていませんが、一度使ってみたかったので。

座ってしまえば全く気にならない上に部屋が明るくなって楽しいグリーン。
放っておくと地味で暗い感じになりがちなので、最近は楽しげな物を採用しがちです。

背もたれはメッシュバックで本体重量も軽く、座り心地もよいです。
いずれ、たわんだり擦れて破れたりすると思いますが、そうなったら買い替えるか別の布を張るか考えます。(シンプルな構造なので自力で直せそうなんですよね)
ちょっと調べたらメッシュのような特殊な生地でも、普通に売られているようなので何とかなりそうです。

座面は布張りです。
オフィスチェアなどにありがちなサラッとした生地。
短パンで座ったら布目の跡がつくかもしれません。

永久に使えるわけではないので、処分の負担を考えると重量は軽い方が都合が良いです。

背もたれの高さはミドルバックで背中全体を預けられ、とても楽です。

ここから何年持つかというカウントダウンが始まります(笑)。

オフィスチェアではない

座面のクッションは、前部が厚く後部が薄くなっているので姿勢が後ろに傾きます
これがしばらく慣れないと思います。(一般的な椅子は水平なので)
傾いているのは背もたれや座面の底板ではなく、クッション部分だけです。

膝が持ち上がるので、普段の感覚で高さを設定すると足が浮くかもしれません。
また、座面に奥行きがあるので、小柄な人は深く座ると足が浮き、浅く座ると背もたれを利用できないという困った事態になるかもです。

僕はというと、深く座っても足は着きますが、後ろに傾くのに慣れていないので、慣れるまでしばらくかかると思います

オフィスチェアでなく、あくまでゲーミングチェアであること。
バウヒュッテは快適なゲーム環境づくりを目指すブランドで、寝ながらPCゲームができることまで考えているような会社であること。
これらにより、ガリガリモリモリ作業するための椅子ではないということだけは書いておきます。

そうした目的の場合は、前傾対応の製品や、一般的なオフィスチェアの方が合っていると思います。

ランバーサポートの位置に悩む

この製品には長方形の薄いランバーサポートが付属しています。(画像に写っている物)
贅沢を言えば、2倍ぐらいの厚さでかまぼこ型だったらなと思います(笑)。
それでも、これ自体はしっかりしていて背中を支えるのには十分です。

ただですね。
これは座高の問題だと思うんですが、僕にちょうど良い高さが背もたれの「く」の字に折れた箇所の真上なんですよ。
「く」の字に対して長方形が押し当てられることで起きる物理的な負荷が気になりますし、もともと背中を支えやすいようにと考えられた結果が「く」の字なのに、それを潰しているような気もしまして、なんともモヤります(笑)。

良い場所が無いか探し中です(笑)。

腰が楽になった

どういうわけかわかりませんが、腰がとても楽になりました。
職場で使っているオフィスチェア(背もたれは直角~やや前傾で、水平に座れる)よりもずっと負担が少ないです。

作業を終えた後まで延々と続いていた腰の痛みがなくなりました。

また、肩甲骨が痛むほど酷い肩凝りだったのですが、これも楽になりました。

もしかするとなんですが、浅く座って背筋を伸ばしたり、深く座って背もたれに寄りかかったり、座面の上で胡坐をかいたり(広いのでできる)と、作業中に頻繁に姿勢を変えられたのも影響しているかもしれません。

ちなみに、本体重量12kgらしいのですが、そこに大人一人の体重(60kg前後)が丸ごと乗っかっても、1.5mm厚のチェアマットはびくともしません。
素晴らしいチェアマット!(硬質)

ワッシャーは付属していなかった

レビューにあったマイナス評価箇所について、付属しているワッシャーの穴が不揃いで、ボルト径より小さくて嵌らないものもあるというものがありました。
最悪ワッシャーだけホムセンで購入しようと思ったのですが、僕が購入した物にはワッシャーが最初から付属していませんでした
というわけで、ボルトのみで済んだため難なく組み立てられました。(頭がめり込む心配もありません)
ロットの問題なのか、仕様が変わったのかは不明です。

そのほかも含めて全く不備や不良がなく、良い状態の物が届いたので、20分足らずで完成しました。(布地の状態も、ガスシリンダーも、キャスター周辺のバリも問題なし)
カラーボックスやメタルラックを組み立てる方が、はるかに面倒くさいと思います。

座面と背もたれを接続する際は、座面を支えるものが必要ですが、余計な物を用意しなくても、梱包用の段ボール箱に乗せれば解決します。
しいて注意することを挙げるなら、組み立て終わるまで箱は潰さない方が良い……でしょうか。(無ければ無いで、テーブルなどに乗せればよい)
ボルトを対角線で順繰りに少しずつ締めていけば安定して全体を締められます。
しっかり締めればガタつくことはありません。

ボルトに関してはいずれ自然と緩みますから、都度締め直すことになると思います。

ロッキングの遊びはある

この椅子にはロッキング機能が付いています。
出荷時はロックされています。
僕はそのままいじらずにいますが、それでも若干遊びがあります

ただ、これは余程厳密に、ロッキング機能のない製品と比べた場合に「揺れる」と感じる程度で、普段使っている分には全く気になりません。
少なくとも、グラついて不安定ということはありません。

むしろ遊びが無かったらガチガチに硬くて疲れてしまいそうです。

特徴のまとめ

  • オフィスチェアではない(リラックスしてゲームするためのもの)
  • 組み立ては簡単(ワッシャーは付属していなかった)
  • 座面のクッションは硬め(高反発)
  • ロッキングはロックしても若干の遊びがある
  • 背もたれはメッシュ(ランバーサポートを付けたら通気効果が半減するような…)
  • 座面はファブリック(硬めのしっかりした生地です)
  • ランバーサポートはオマケ(便利だけど優秀ではない)

とまあ、こんな感じです。
こんなに高い椅子を買うのは初めてなので値段相応かどうかは不明ですが、悪い買い物ではなかったというのが僕の感想です。

あとはまあ……何年持つかという……ね(笑)。


TOP