Dragon Island

日々是修行。

芯研器を買ってみた

こんにちは、ハロウィン前に雪の降る地域に住んでいるKei Alexです。
冬が来ちまったよ。
冬が来ちまったよ!

大事なことなので2回言いました。
まだ根雪には時間があるけどね。

不器用な人の救世主

普段、鉛筆はカッターで削ります。オーソドックスなデッサン用の削り方です。
ところが、どうも不器用らしくて、カッターで芯を尖らせるのが難しい。
そこで登場したのが、芯研器!

ステッドラー 鉛筆削り  513 85DS BK 卵型

ステッドラー 鉛筆削り 513 85DS BK 卵型

 

画像でわかるように、小さい鉛筆削りみたいなスタイル。穴径が2mmと3.15mmで芯しか入らない専用器だから、普通の鉛筆削りと間違えないでね。
これがすげー使いやすい。
芯先が丸まって困るのは、細かいところを描くときに使ってる2B以上の堅い鉛筆。
太さのある柔らかい芯は尖らせないので、芯研器に嵌まらなくても問題ない。

もともと、芯ホルダーを使っている人のための道具らしい。
俺は0.5mmのシャーペンしか使ったことないから知らなかった。

普通の鉛筆だけじゃなく、細めの芯を使ってる色鉛筆も削れるから便利だよ。
木軸を削るほどじゃないけど芯の先だけ尖らせたいときに。

気を付ける点は、粉が刃の隙間を簡単に通り抜けて、口からこぼれ出てくること。
テープやねり消しで蓋をするか、こまめにカスを捨てて綺麗にしておこう。
……って、フツーのことじゃん!


トップへ