Dragon Island

日々是修行。

買ってよかった書籍2017 その2

こんにちは。
明るい髪の、中間の明度をどうやって表現しようか悩ましいKei Alexです。
暗いところは塗り潰せばいいし、明るいところは白で飛ばせばいいんだけど、中間が難しい。
毛の筋を細かく入れていくのが良いのか、記号的に陰影を入れていくのが良いのか。
デフォルメの好みが、まだわからない。

今月は総括だけで終わりそうな予感がしますwww

というわけで、前回に続いて、今週のお題今年買ってよかったもの」です。

toshiさんの本

このシリーズを含めて、ハウツー本を多数出版されているアニメーターさんです。
もともとPixivにTipsを公開していて、それが書籍化された格好です。

僕は「アニメーター」と「建築士(建築設計士)」の2つの肩書には、圧倒的な信頼を寄せています(笑)。
これらの仕事をしている人の講座は、理論的(筋道が通っている)で、わかりやすく(表現が易しい)、無駄のない解説が多い印象があります。
toshiさんもその一人で、的確でわかりやすいです。

基本的に女の子キャラで説明しているんですが、これがまた可愛いです。(大事)

対象:

  • キャラクターはある程度描けるけど、どうもポーズがぎこちない。
  • 躍動感とか迫力とか、現実味のある動きをさせたい。
  • 重力や浮遊感など物理法則が関わる表現がわからない。
  • キャラクターが空っぽに見えて、人間らしさが出ない。
  • 可愛い女の子をちょっとエッチに描きたい!

つまり僕です。

ついでに、MdN(本シリーズの出版社)と、視覚デザイン研究所は、ハズレ無しだと思います。

表現力アップ編

シリーズ第2弾。前著を踏まえて、より実践的な表現づくりの指南です。
だいたい、初級者卒業レベルかなあ。
写真や動画から上手いこと掴めない人や、アニメは速すぎてよくわからん、という人は、イラストと解説があると大分助かるんじゃないかなあ。

僕は可愛い女の子の可愛さをどうアピールしたらみんな喜んでくれるかなってところで、買いました。
またtoshiさんが柔らかそうに描くんだもの(笑)。

後半には男子の動きもあるので、男子くれー!って人にもちょっといいかも。
そうはいっても、気持ち程度なので、男子がメインの人や、両方バランスよく学びたい人は、他の本を使った方が良いと思います。

アニメ表現なので、光りと動きの扱いが整理されていてとてもわかりやすいんですよ。って書くの忘れてましたw
toshiさんは陰影のことなんて大して触れていませんし、サラッと置いてますけど、これが的確に入っているだけで立体感が出るから、位置と形を把握するだけでもだいぶ違ってくると思います。

妄想力アップ編

創作の入り口は妄想です。

アニメにありそうな「あのポーズ」とか、ゲームにありそうな「あのシチュエーション」とか、そういうのが盛りだくさんです。
漫画やアニメなどを見ただけでは、よくわからないという人に良いと思います。
僕は先の『表現力アップ編』と同様に、可愛い女の子の可愛さを学ぶために買いました。

「少女×○○」が大体入っていると思います。(詳しくはリンクから目次画像を見てみてください)

絡みは女子同士。立体的な重なりの見え方や、それぞれの重心がどこにあるかも図解されていて、理解の助けになります。

※こちらには、男子の解説はありません。

実はもう1冊持っている。

こちらは、去年。発売されてすぐに買いました。
その頃はブログの更新も止まり、開店休業中だったんですが、絵に対して興味が失せたわけではなかったんですよね。

ブログを始めた頃に描いたものが、ぎこちなさすぎて困っていて、躍動感や存在感を出すために、これで勉強しました。
もちろん、toshiさんの女の子が可愛かったからです。( ̄‥ ̄)-3

それで、結果が出始めたのが去年3月の、この辺です。

dragonisland.hatenablog.com

dragonisland.hatenablog.com

本書では、冒頭で「人物は背中の流れから描く」と説いていて、これが、やってみても中々慣れなかったんですが、それでもやっているうちに、少しずつできるようになってくるものなんですね。
人間、やればできるようになるってことです(笑)。

まとめ

というわけで、キャラクターが生きているかのように描きたい/見せたいなら、一度、読んでみると良いと思います。
難しすぎてわからん! 説明が足りん!! という人は、これを買う前に他の本で勉強し、その間はPixivの講座を利用すると経済的だと思います。

それと、僕自身の自戒のためにも、1回2回読んで試しただけじゃ身につかないと思うので、何回でも読み直して、振り返って理解を深めていくのが大事だと、ここに書いておきます。


トップへ