Dragon Island

日々是修行。

グラフギアとカクノの話

こんにちは。
文具の中でも筆記具に目がないKei Alexです。
高級志向ってワケじゃないんだけど、長年蓄積した色んな負担で、手首から先が満身創痍なのでね。

グラフギア1000

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 0.5mm PG1015

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 0.5mm PG1015

 

これだよ。買ったよ。
普段は下の製品を使っているんだけど……

……これがもう少し重かったらなって思って。
重けりゃいいってことはないんだけども(笑)、つい手に力を入れてしまうから、力を抜いてもペンの重量だけで描けたら負担が減るかなって……思ったんだけどもさ……試し書きで「あ、これ、本体支えるだけで結構クるな」って気づいたw(てへぺろ)

とはいえ、つくりがしっかりしているのは確かなので、文具好きとしては使ってみたくなる1本(笑)。
今ちょっとペンタブ握りすぎて親指の付け根が凝ってるから、回復したらまた感覚が違ってくると思うんだ。
疲労していない左手(利き手じゃない)で構えると、それほど重く感じないから、ちょっと期待している。

Kakuno

これ、ほんと使いやすいね。
すごいね。
三角グリップで持ちやすいし回転しないし。ああ、もちろん三角グリップが苦手な人には厳しいかもしれないけども。

コンバーターもいけるって、買ってから知ったよ(笑)。
付属のカートリッジを使い切ったら、コンバーターでインク入れよう。

100均ルーズリーフですらなめらかだし、インクもしっかり通るし、文句なし!
カートリッジで交換すれば手間もないし、1本買えばしばらく使えるから、学生でも持ちやすいんじゃないかな。
あえて難点を挙げればクリップがないから、ノートやポケットに固定しにくいところかな。
あ、細字っていっても、0.38mmや0.25mmなんかの極細ゲルインクボールペンには負けるよ(笑)。米粒にお経を書くように手帳にビッチリ書くタイプの人には用を成さないだろうね。


トップへ