Dragon Island

日々是修行。

消しゴムで消せるカラー芯と専用シャーペン

こんにちは。
新しい文具を見つけたら試したくなるKei Alexです。

消せるカラーシャー芯

どこから説明すれば良いのかわからないほど、機能面も色数もハイグレードな替え芯。
その名も「ユニ ナノダイヤ カラー芯」
ハイクラス替え芯である、ナノダイヤシリーズの色芯版です。
詳しくは下記公式ページをご覧ください。

ユニ ナノダイヤ カラー芯 | uni NanoDia | シャープ替芯 | シャープ | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

消せるシャー芯専用本体

去年末に、専用本体が発売されました。
詳しくは下記公式ページをご覧ください。(プレスリリース)

シャープ『uni Color(ユニカラー)』|2017年|プレスリリース|三菱鉛筆株式会社

要約すると、芯と同じ色の本体を使えば、見分けやすくて便利だぞってことです(笑)。
今時のシャーペン本体としては、かなりチープな印象なので、無理に買う必要は無いと思いますが、替え芯を全色使うなら便利です。

レビュー

f:id:kei-alex:20180116232123j:plain
じゃん。
パッケージは思いっきり反射したので、中身だけ。
シャーペン本体の中に、セット済み1本と、予備1本の、合わせて2本が入っています。シャー芯2本は、だいぶお得な印象です(笑)。おかげで、ケース入りの替え芯がまるごと予備になりました。

f:id:kei-alex:20180116231445j:plain
撮影の仕方が悪いとも言えますw
上から、ピンク、レッド、オレンジ、グリーン、ミントブルー、ブルー、ラベンダーです。
明るい色が見事に飛んでいますね。
実は肉眼でも、ピンクとオレンジが見えにくいです。

書いた感触としては、普通のシャー芯よりも引っかかります。特にオレンジはガリガリします。
濃さも滑らかさも安定しているのは、ブルーとラベンダーでした。

f:id:kei-alex:20180116231752j:plain
実際に、普通のプラスチック消しゴムで消した感じ。(Islandの「I」の字を消しました)
綺麗に消えてくれます。
プラスチック消しゴムで綺麗に消えたので、専用消しゴムは未開封です。

お絵描きしてみた

f:id:kei-alex:20180116232510j:plain
レッドとラベンダーで描いてみました。
レッドは、昔、モノクロコピー機に搭載されていた赤トナーの色です(笑)。モノクロなのに、二色刷とか、赤一色刷ができる機能が付いているのがあったんですよ。
その赤が、軽くて安っぽい色なんです。味があって大好きでした。
そんな懐かしさのある、明るい色合いです。

修正できるということで、普段あまり描かないものを描いてみました。
しっかり描かないとかなり薄い印象ですが、普段色鉛筆でガッツリ塗っているせいだったり、鉛筆もシャープも2Bを使っていたりするせいだったり、するのかもしれません。

また、下敷きを敷いたノートや、机の上のルールリーフなら、濃く乗りやすい野かも知れません。

僕は、イラストよりも勉強ノートで文字を書く方に使いたいかな。

願わくば、茶色を出して欲しい。セピア(暗い色)か、マロン(明るい色)。お願いします三菱鉛筆さん。


TOP