Dragon Island

日々是修行。

有言実行。

こんにちは。
大半はヤルヤル詐欺師のKei Alexです。

色見本

f:id:kei-alex:20170723224341j:plain
見本というか、コレクションに近い物です。
普段使ってるB5サイズの画用紙を半分に千切って、色系統ごとにまとめています。
暇を見つけて作り始めました。

頭のマルPは、POLYCHROMOSの頭文字。ホルベインアーチスト色鉛筆ならH、トンボの色辞典ならI、同社のNQならNって感じです。
ちなみに、番号だけでは味気なく、印象に残らないので、色の名前も書いています
これが長いw
色の名前を書きたいがためだけに、こんな横長に塗っています。

セットだから、こんな風にお行儀良く並んでるけど、ブランドや製品が入り交じっていても良いように作っています。
例えば、画像の右端にあるのは紫色のグループなんですが、下半分は空白にせず、他の製品の紫系が続きます。

今のところ、黄~オレンジ、赤~ピンク、紫、青、緑、茶、灰~黒、その他(メタリックや蛍光色など)の予定。

中間の色をどちらに分類するかが、結構悩ましい(笑)。
「○○○ピンク」とか「○○○ブルー」とかいう名前のものは、最後に付いている色のグループに入れています。
それ以外は、調べられれば調べるけど、たぶん面倒になって見た目で放り込むと思う(笑)。
いいんだよ、自分がわかれば(笑)。

考え方を変えた

僕は本当に、この作業が苦手で、できればやりたくないです。
でも必要だから、なんとかやりたくなるような気持ちにしたい(笑)。
それで、ハードルを下げまくることにしました。

  • 隙間時間や、気分転換にやる。(大事)
  • 一気にやると疲れるから、体力がたっぷり残っているうちにやめる
  • そのとき作りたい色を作る。
  • 綺麗なグラデーションになっていなくて良い。
  • 一覧表を作るのが目的じゃなく、色を蒐集するのが目的。(大事)
  • 紙の種類や大きさが変わっても良い。
  • 綺麗に作らなくて良い。

……と、こんなことを考えたら、やる気が湧いてきました(笑)。
そのうち資料が溜まれば良いぐらいの気持ちです。


トップへ