Dragon Island

Dragon Island

日々是修行。

この時期に風邪を引きました。

こんにちは。
嫌なタイミングで風邪を引いたKei Alexです。

風邪引きました。

普段なら気にしないレベルの症状だったんですが、時期が時期なので仕事を休むことにしました。

最初は、ちょっと喉が痛いなあから始まったんです。
換気で窓を開けまくっているので冷えたかなあ?ぐらいの感覚。
それが先々週の土曜でして、いつも通り出勤してました。
翌、日曜日に喉の痛みと発熱。と言っても、37.2度の微熱。条件として挙げられている37.5度には満たないです。
明日までに下がればいいなあなんて思いながら、葛根湯を飲んで、冷えピタして寝ました。
それから4日経っても熱は下がらず。喉は違和感のみになりました。

かかりつけの病院に電話して、診てもらえるか聞いてみました。
いきなり行って診てもらえなかったら無駄足&ウィルス(風邪かコロナかわからないモノ)をばら撒きかねませんし。
すると、風邪症状の場合は、保健センター電話して指示を仰いで欲しいとのこと。なるほど、問い合わせてよかった。
ということで、すぐに札幌の「新型コロナ一般相談窓口」だかなんだかいう、長い名前の窓口へ。

これが、驚くほど繋がらない(笑)。
笑い事じゃないんですけど、凄いもんです。
僕は微熱だけだからいいものの、高熱で呼吸も苦しいなんて人はさぞや不安でしょうね。
窓口の人も大変だろうと思いました。
ずっと通話中の「プーップーップーッ」あるいは「只今大変混み合って~後ほどおかけ直しください」です。
結局この日は通じず、翌日改めて挑戦。

そしてやっと繋がり、事情を説明することができました。
聞かれたことは、テレビでも報じられていた「熱は~」「海外へは~」「道外へは~」「周囲に陽性の方は~」です。
一つも当てはまらないので、「コロナの可能性は低いと思われますから、かかりつけの病院に"保健センターにかけたらこう言われた"と言って、診てもらってください」と案内されました。

めちゃくちゃ忙しいだろうに、始終とても丁寧に、優しく対応してくださり、僕は、ありがとうございましたと電話を切りました。
一体どこからその余裕と優しさが出てくるんでしょうか。菩薩かなんかですかね。それとも超高性能のAIだったりするんでしょうか。素晴らしすぎる対応でした。

それで再び病院へ電話して、事情を話して向かうことに。
ここの先生は⋯⋯何というか⋯⋯慣れすぎてて横柄な先生で、「風邪ぐらいで来るんじゃねーよ」という態度の人です(笑)。
僕も来たくて来てんじゃねーよと思いつつ、薬局より安いから行きます。
そんな先生ですが、ソーシャルディスタンスなのか、普段なら必ずやる聴診器、触診、喉の確認を一切せず、問診で薬が処方されました。
どっちかというと、さっきの窓口の人より、先生の方が疲れていそうな感じがしました。

もちろんというか、症状的にもPCR検査はなし。
翌日は土曜日だったことからもう1日お休みをもらって、GWに突入した次第です。

結局、熱は日曜日まで安定しませんでした。
丸1週間かかって完治。
どう見てもこれ、普通の風邪っすね⋯⋯。
何事もなくよかったんですが(笑)。

進捗

そんなわけで進捗はこちら。

f:id:kei-alex:20200505122600j:plain

f:id:kei-alex:20200505122537j:plain

目元をごしょごしょいじっていました。
ラフの印象は天真爛漫な感じですごくよかったのに、実際に目を入れてみたら何故かそう見えなくて、どことなく色気が出過ぎていたので、何が違うのか延々見比べていました。
ウケが良いのは上かなあと思いつつ、ぱっちりお目目でキュルンとした感じにしたいので、直しました。
周りがグレーのせいか陰影の彩度が低すぎて血色が悪くなったので、赤寄りにしたりと、細かい調節をしています。

腕の内側に陰影を入れたら急に生々しくなる不思議(笑)。


TOP